« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月24日 (土)

うどん専門「阿吽」ロングバージョン

阿吽・・・どうも、これはちょっと深そうな内容なのでロングバージョン?

と、書きだした食べログ版の「阿吽」。うどん屋さんです。


最近のロングバージョンは、店名やその時に気になるワードで掘り下げられそうだったらすぐに掘り下げている感じでございます。



と言う事で、ロングバージョン!

「阿吽」の「阿」が口を開けて話すから「始まり」で、「吽」が口を閉じるから「終り」を表し、全ての始まりと終わりを表す。

梵字において、最初に出す音と最後に出す音なんだそうな・・・真言だともネットでは書かれている。

そうなの?

手元の梵字手帳とちょっぴりネットサーフィンでの結果ですが、どうもそれには納得出来ない私がいます。

どなただったかのネットで「梵字の並びを、日本の50音に直したから、「あ」で始まり「ん」で終わるだけじゃないの?」とか、「サンスクリットの表では「うん」では終わっていない」とか、なんとかかんとか・・・
(逆に五十音表自体が、あちらで使われていた並び方だとも・・・)

そもそも「阿吽像」の概念は日本特有の物らしいなんてのも観た気がします。

阿吽の考え方・・・日本の稲荷信仰ブームとかそう言う感じで作られて行ったものではないのでしょうか?

ただし、梵字には「唵(オン)」と言う梵語一字で一切を表すような大事な言葉があります。

真言の初めに唱えられる言葉でもありますね。この字は「あ」・「う」・「ん」3音節に文解されることも出来、これが再度集結して「唵!」となるのだなんてのもかっこいい世界観ではあるなと思います。

ここ・・・の話。

「ア」「ウ」「ン」3音節ですが「ア」と「ウン」に分けると「阿吽(アウン)」にはなりますね。この辺の梵字の代表選手の言葉だからというのが「阿吽像」の概念になった元なのではなんて思います。

もう一つ。

「光明真言(こうみょうしんごん)」なる有り難い言葉があるそうな。23文字の短い言葉なのですが、私的感覚的解釈では「有り難い大日如来さま、そのお力をどうぞこの身に・・・」みたいなイメージ捉えましたが、違っていたらスミマセン。そんなありがたいお言葉があるそうで、毎日唱えると良いのだそうな。

そこにね、唵は聖なる御印なので飛ばしてそのニ文字目が「阿」で始まって、23文字目が「吽」で終わっているんです・・・

これが「阿吽」の始まりと終わりなのでは?なんて思いました。23文字ですし、ちょいと頑張れば全部の文字も覚えられそうですよね。更に超短縮版として「阿吽」として、それも真言としたのではないでしょうか?「阿吽」が真言ってのは納得できないなと思っていましたが、この解釈なら納得します。

すべて、勘違いで進めている話かもしれませんので、信用しないでね。

勉強ついでに改めて梵字の世界をちょいとだけ眺めると、梵字一字で主尊を表すことも出来るそうな。

あの仏教界最強の「D」。一切を許す「S」みたいなイニシャルのようです。

これが、仏教の世界もいろいろ分裂解釈の違いや宗派のあれこれで、いろんな字がいろんな仏さまに当てられているようです。「D」さんて誰?ヒントちょーだい・・・みたいな、感じでたくさんいるようです。

不動明王さんが「カーン」と言う梵字で表されるとか、「ア」は大日如来さんが基本メジャーですが、文殊菩薩さんであったり、「ウン」に鬼子母神さんがいたり、愛染明王さんであったり、文殊菩薩さんは「マン」でも表せるとか・・・色々のようです。

とにかく、梵字と言う言葉は有り難い存在を表す言葉。自分の本当の名前を他人に教えると、操られる・呪殺されるみたいな感覚もこの辺から来ている気がしますね。

そんな世界観・・・どんな世界観?を表す言葉を店名にあげるお店がこちら「阿吽」さんですね。

長いですね。好きでやっているので突っ込まないでくださいね。



行ってみました。

ネット情報で11時ちょい過ぎに行くも、11時半営業との事・・・灼熱の中時間をつぶします。(うそ、コンビニが近くにありますし、普通は車ですね・・・)

11:30-15:00の営業だそうです。土日はやらない・・・この立地。逆に土日にやって欲しい気がしますが・・・あと、売り切れ終いだそうです。

駐車スペースは4・5台かな?駐車場には従業員の方の車でしょうか?が、停めてあるので、どう停めていいかよく分からず。案内が欲しいですね。あったとしたら、もっとわかりやすくして欲しいです。

ルンルンと進みます。庭がいい感じかも。庭の知識は無いのでスルー。

席は小上がり席のみかな。8テーブルの内2つくっつけた席が2テーブル有り。他のスペースも色々あるみたいですが、今後の展開かな?

可愛らしい娘っ子に席まで案内されます。結婚しよっか?

えー、セクハラは辞めまして・・・好きな席にどうぞとの事なので、どっかと座ります。掘りごたつではないので、お腹の苦しい人や足の悪い方にはちとつらいか?うどん食べるだけだし我慢我慢・・・

私お腹苦しくなんてないです。と、思いたい!

メニューは、肉汁うどんと背脂肉汁めんと辛汁うどんの3種。うち背脂のみ汁麺で他の2種はつけうどんでした。

更に富士山とエベレストなるうどんもあります。10分で1.5キロが富士山。15分で2キロがエベレスト。時間内に食べ切れれば無料。時間オーバーは通常料金のお支払いでそれぞれ、1300円か1500円のお支払い。ふつーに超お腹一杯食べたいときに利用するのもいいかもですね。

ソフトドリンクや瓶ビール550円なんて案内もあり。

素早い提供。汁男なので、つけうどんは積極的ではありません。背油肉汁めんを普通盛でお願いしていました。

そうそう、汁めんは300グラム700円だったかな?肉汁うどんは400グラム750円。辛汁うどんは400グラム800円かな。
それぞれ、大盛りは100グラム増しで無料。汁めんはその上も100グラム増しで50円。つけうどんは200グラム増しの700グラムになって50円アップです。

うどんらしい価格設定ですね。

さて、食べよう。

とろとろの牛スジなのかな?と、ぶつ切りの長ネギ。生刻み玉ねぎ。小口ネギ。別添えで紅生姜。テーブルには胡椒と一味。
汁は個人的には塩っぱいし、うどんは短いけど美味しいなと感じるうどんです。

300グラムペロリでございました。いかんせん、もうちょっと長めでつるつると行きたかったです。

食べ終わり、入り口にある会計にてお支払い。別の娘さんが対応。かわいいね、けっこ・・・

えー・・・レジ上の案内見て気がつく。辛さ変更出来んだ。有料ですが、結構チャレンジできる辛さまで変更可能な様でした。

それが、テーブルの上にあれば・・・娘っ子から案内されていれば・・・挑戦しませんが、2度目3度目となるとチャレンジするかもですね。

まだまだ、認知されていないような感じもあるし、サービスもこれからなのかな?なんて思いもありますが、今現在のゆるい空気感も大好きだなと感じたお店でした。

多分再訪すると思いますが、仕事があまりない方面なので、ややジレンマって感じかもです。今後認知されていったとしたら、ちょいと郷土的なつまみとか?いもフライでどうでしょう・・・

手頃でつるりと「うどん喰い」なんて、旦那!ねーさん!如何でしょうか?


さーて、写真。

前回で「ラッセ」さんがおしまい。

この辺から写真整理本当にできていないゾーンに入ります。

以前投稿した写真も本当にある気がする部分です。


Img_0987

プレブナンス」と言うお店。
フレンチです。

小さいイカのソテーだったかな?

こちらのお店が出来て直ぐぐらいに伺った記憶がありますが、記憶に残るものが有りました。こちらの皿ではありませんが、いいお店だったなと思います。

静井(しずかい)シェフは結構なんだろう・・・感覚派なのかな?なんて感じで、食べている途中でもちらちら気になる存在でした。

物静かなしゃべり方なんですけど「どうしてうちを知りました?」みたいなことを知りたいらしく、普通にネットでだったんですけど、よくよく調べれば、なかなか興味のあるお店達をご経験されている・・・みたいなことを言ったかどうか忘れましたが、「多分おいしいお店だ・・・」と、思っての利用でした。

客は私たちのみ。

適度な緊張の中、楽しくおいしくいただけたお店と記憶しています。

Img_0988


この皿が凄かったのかな?
鴨のコンソメと記憶しています。
二年以上前の皿ですが、そう言うなんとなく記憶に残っている皿と言うのもあるんだな・・・写真見るまであまり思い出せなかったけど、「あのお店・・・スープがえらく旨かった・・・」と言う記憶が二年以上忘れない・・・

良ーく見ると、フォアのグラが入っていますね?幸せなひと皿なんだと思います。

と言うところで、今回はお終い。

続きを読む "うどん専門「阿吽」ロングバージョン" »

2016年9月17日 (土)

コウノトリの恵み 豊岡(ロングバージョン)

私は人とは違う行動をとりがちです。

ここから、天邪鬼と言う言葉が浮かび、その謂れを調べて行ったら、日本の神話に迷い込んでしまいました・・・2時間以上も調べてしまう・・・これもついやってしまう行動・・・

「国譲り」と言う「天孫降臨」となる一大イベントのロケハン的使者の独りが「天邪鬼」にもつながるお人だったんですねぇ・・・ただのわがままなおやぢではなく、八百万の神様の一員だったんだ・・・まっ、やっつけられますけどね・・・

全然関係なく始まった書き出し。いつものことです。

せっかく時間を使ってしまった、「天邪鬼」からの日本神話のお話・・・もったいないので、こちらにアップ。

うろ覚えとかもあるので、適当に流して下さい。


昔々。まだこの世が混とんとしていた空間。
イザナギさんとかイザナミさんとか呼ばれる方たちが居た世界。「高天原(たかまがはら。一発変換!)」位が下の世界を見れば、開拓の余地あり。よし、イケ!ポチとタマ・・・では無くて、ナギーとナミーが下界「葦原の中つ国(あしわらのなかつくに。一発変換!)」に行って、色々あって日本を作りました。神様も産んじゃえってことで、色々な神様を産みます。

で、火の神を産んだところであそこが大やけど。それが原因でナミーが死んじゃったりして、落ち込みながらも、ナギーは独り頑張る。そこから生まれたのが、天照大神・月読・スサノオ。

その末っ子スサノオが馬鹿で、追放されたり、天つ神のライセンスはく奪(国つ神に降格)、アマテラスねーちゃんを激怒させたりしながらも、日本を何とか繁栄の地にしました。

時は下り、スサノオから6代後の八十神と言われるチームが結成された時代。グループ内でいじめられる対象とはいつの時代もあるようで、フミヤばりの扱いを受けていた、大己貴(オオナムチ)さんが、いじめからスーパー先祖のスサノオさんや娘っ子の出会いを受けて、復讐に成功。更なる日本の繁栄を極めるようになったようです。

こうなると、天界の天照さん。弟の子孫といえど、今は国つ神。繁栄の地「中つ国」は、もともと天津神のもんだと、欲しがるようになります。

で、建前上は交渉役を立てます。

一回目の使者。中つ国にさえ下りずに、「なんか物騒で・・・」と、忍穗耳(おしほみみ)さんは言います。
こいつはダメだこりゃ(アマテラスさんの息子さんなんですけどね・・・)と、

二回目の使者を立てます。
が、この子穂日(ほひ)さんは、オオナムチさんの改名後の「大国主」(おおくにぬし)さんに懐柔されて、国つ神側に付いちゃったみたい・・・三年の月日が流れます・・・

こいつもダメだったか・・・(いや、アマテラスさんのお子さんじゃないですか・・・)

三度目の使者。もうね、あんたの子たちじゃ無理ってことで、天津国玉神の息子「天稚彦」(あめのわかひこ)さんが抜擢。

実はこの子も国譲りと言う侵略交渉に失敗して、返り矢に死んじゃうんですけど、この人が天邪鬼(あまのじゃく)のモチーフだそうです。

わかひこさん・・・漢字では、天若彦とも書き「天若」を「あまのじゃく」と読めることからそうなったらしい。諸説ありますが。

彼の死で、天つ国も中つ国も教訓としたのか、次の使者で大国主命さんは国を譲ることにするんだそうです。

やったーとばかりに、天つ国から長男のオシホミミさんを向かわせようとしたのですが、諸事情あって、息子のニニギくんが行くことになるそうです。これが「天孫降臨」だそうです。

この後、この子もいろいろやらかすのですが、そのせいで寿命が出来ちゃって、一般人のようになっちゃった・・・てのが、天皇が神様の血筋なんだよと言う話みたいですね。


言われたことをやらないで、嫁さんまで大国主さんからもらって、8年過ごした男。それが私がよく言われる「天邪鬼」です。控えおろう神様ですよ!死んじゃうけど。


長い?全然読んでもらわなくて結構です。自己満足の世界ですから。


ついでに、ややこしくなるキーワードを発見できたので、ここにメモしておきます。

古事記・日本書紀などとは別に「ホツマツタエ」「ミカサフミ」「フトマニ」なる古文書もあるんだそうな。

色々言われている、古代の文字を扱う文書だそうです。こちらは、もう時間が無くてネットで調べきれませんでした・・・



さて、そんな天邪鬼。あまり人が入っていないなと思ったお店がこちらであり、あえてそう言うお店で、意図的に時間をかけてお客さんをやってみた・・・と、言う事です。客が居ればお店をのぞきやすい作戦ですね。

そんな事をしたお店のお話が以下。食べログと同じものとなります。




 
こちらのお店も入っている建物「東京交通会館」。都道府県のアンテナショップがたくさんあります。

その中でも地域限定のアンテナショップがあります。美瑛とこちら豊岡のピンポイントでの案内のようです。(本当かどうかはわかんないですけど)

で、狭い面積というのもありますが、巨人「北海道どさんこプラザ」にはみんな勝てません。その中でもたまたまだと思いますが、苦戦していたこちらのお店に目が留まります・・・

どうして、単独で出しちゃったんでしょうね?私は「豊岡市」がどこにあるかわかりません。

豊岡市の市長定例記者会見(平成25年)を見させていただくと、ちょっと笑っちゃう感じもありますが、賃料は市持ちで運営を民間にお願いしている感じのようです。巨人にくっ付くコバンザメ商法とはっきり言っているのは潔く、宣伝・PRで考えるならば安い買い物だという事だそうです。

なるほど。

まさに私がそう。兵庫にある市なんですね。

全国都道府県でちゃんと調べたのはここが初めてです。多分。宣伝成功ですよ!年間700万円弱で確実にゆっくりですが、知れ渡っていると思います。

販売サポートにお笑いなどを目指す方を歩合制で雇うなんてのも、省エネ戦略になったりして・・・

既にほかのショップでも買い物しまくっているので、少数精鋭で、実際に使う物を探す。お試しではなく、現実的な物を探す・・・

燻製胡椒と粉山椒を購入。

燻製の胡椒はウィスキーに入れるのもありなんだそうな・・・燻製に合うと思っている「肉料理」をほとんどしないので未だに利用できず。プレゼント用に買ってきたので、やっぱり試さず人にあげちゃうかも・・・

粉山椒。粉に加工された山椒・・・私のイメージでは茶色のイメージを持ってしまうのは「花椒」だからかもしれませんが、綺麗な萌黄色・・・いや、青丹(あおに)か?柳茶(やなぎちゃ)色かも・・・苗色(なえいろ)でもいいし、人によっては老竹色(おいたけいろ)かも・・・などと緑色名で遊んでみました。

とにかく、綺麗な色と爽やかな香り・・・一味を使って辛さのみを足すことが多い私ですが、さっと追いかけてこの粉山椒をふると、七味ほど邪魔な物を感じず(七味すまん)、かっこいい味に変わる気がします。(重ねて七味すまんね・・・)

そんな豊岡。行けない距離にある場所なので、まずは東京ここから始めてみてはいかがでしょうか?




と、書き込み書き込み投稿候。


写真。

Img_1522
ラッセ」さんのメインかな?

肉かな?魚のようですね。記憶には正直ないのですが、とてもきれいな盛り付けですね。

こうなると最早、イタリア料理かフランス料理かわかりません。

Img_1524

で、店名の由来にもなる「ラッセ」という長ーい板の上に乗ってデザートが登場。

どうです?ものすごいピンボケですね。長さを表現したくて、全景を取ろうとしたのですが無理でした。

Img_1525


で、分割。シュークリームでしょうか?
Img_1526

真ん中部分。マカロンでしょうか?
Img_1527

端っこ部分。スライムでしょうか?

Img_1528

で、冷たいデザートもあったみたいです。
この辺の素材感をストレートに出す感じがイタリアンぽいですよね?

Img_1529

で、エスプレッソでお終い。

最近は珈琲やエスプレッソで〆ることが少なくなってきました。

飽きちゃったんですね。

ハーブティーがあればそちらを頼むことが多くなってきました。歳なのかな?

そんな天邪鬼の頑張ったお店の紹介でした。

続きを読む "コウノトリの恵み 豊岡(ロングバージョン)" »

2016年9月10日 (土)

トランス脂肪酸の話

未だ未完の食品添加物の話。

既に一年が経った。

添加物関係の本を買ってからちゃんと読んで、ちょっとだけでも知識を得てから書こうと考えていたのですが、どうにも胡散臭すぎて買いたい本が見つからない・・・

タバコの発がんとかの健康問題と同じように、反対派には反対できるようなデータがあり、賛成派にはその根拠を指摘できる元になる考えがある。逆に賛成派が何か資料を出せば、反対派がその資料を指摘をする・・・


勢いで先にこちらが完成しちゃった・・・


今回はトランス脂肪酸の話です。


個人的な攻撃はしたくないのですが、私がイラッとした根拠なので挙げさせていただきます。

(でもね・・・いろいろ調べてみると、納得する部分もあるのです・・・原動力はイラッとしたことですが、結果的にはやっぱり問題ある物質なので気を付けましょうということです)


サイゾーが母体の「ビジネスジャーナル」の編集部が構成した記事に違和感を感じます。掲載された「菓子パンやスナック菓子は超危険・・・」なる文章に苛立ちを覚えております。

もう、サイゾーってだけで怪しい気がするのは気のせいでしょうか?偏見でしょうか?

根拠の無いあおり記事ばかり載せるって思うのは気のせいでしょうか?

コブクロや叶姉妹から怒られて謝罪を掲載していることで、他の記事すべてが信用できなくなる気がします。


そこにおいて、ちょっとだけ人より興味を持っている食に関係する内容でこのようなあおり記事を見つけたので、やっつけてやる!って思ったのです。


以降、嫌な思いをすると思う方はどうぞスルーしてください。ネガティブな方は突っ込みどころを見つけたいのでしょうから、どうぞお読みください。なんかあれば突っ込みどうぞ。

元の文章はリンクできるのかな?

無断転載とか良くわかりませんが、問題あれば指摘願います。


要するに「トランス脂肪酸」がとっても危ないということが書かれており、協力されている方の解説によると、欧米では規制されているのに、日本では圧力があって規制されていない。
アメリカの大学ではトランス脂肪酸による体への影響を調べた研究結果がある。
で、よくわかりませんが話が少し飛んで、脂肪酸の種類によって加熱温度に気を使いましょう!と多分ここまで、協力者が解説されています。


更に記事はよく伝わらない〆として、飽和脂肪酸を大量に含んだ動物性食品の摂取量と、工業製品的に作られたトランス脂肪酸に対する規制の動きが活発になっていくでしょう・・・と、まとめられています。何言ってんのかわかりません?元ネタがそうなのであしからず。


もう、タイトルだけであおり、文章中味は逃げられるようにおとなしくまとめているだけのように感じます。


当初母体はよくわからずに、読んで「このうさん臭さ・・・サイゾーか!」って思ったら、本当にサイゾーだった・・・なんて笑える話なんですが、食に関係する内容だったので、簡単には許さんってなったんです。


私が調べた限りでは、「トランス脂肪酸の使用を禁止」ってアメリカが言ったって、新聞で取り上げられて広まった話だと思うのですが、この話そのまま商売になる!って思ったんでしょうか。ご協力の方?

ネットでそれっぽい内容を見繕って調べて、それを覚えて人に話が出来れば私にもそんな商売が出来るような気がします。(私は覚えられませんけど・・・)


調べる限り。
アメリカでは「トランス脂肪酸」を「安全に添加できるリスト」から除外。今後は届け出をして当局が「オッケー」って印を発行したものだけ販売できるようになった・・・ようです。使用禁止ではないですね。

実際にどのくらい届け出で却下されるのか不明ですが、勝手に大量にぶち込んで売りに出せなくする・・・規制をかけられる権限が当局に出来たという、内容だと考えています。

上記の内容から、「使用禁止」ではなく、許可制・・・もっと言えば、無許可でいいよってリストから除外されただけなので、メーカーも意識して使えよって事になるだけのような気がします。


身近で具体的な物だと、マーガリンやショートニングが該当するようで、でもそれが全く消えてなくなるのではないと思っているのですが、違いますか?

尚、トランス脂肪酸は自然に含まれているものも有ります。

また、摂取の上限がWHOさんが決めているようで、天然トランス・工業で製造されたトランス脂肪酸含めて総エネルギー量の1パーセント未満なんだそうです。
(ですが、どうもこの表現は見直す方向で考えているようです。その国ごと地域ごとの総摂取エネルギー量とか年齢とか細かく分けて考えなきゃいけないらしく、総じて1パーセント未満と言う表記は、あんまり良く無い・・・みたいな方向に進んでいると受け止めています。)


で、このトランス脂肪酸は摂りすぎるとどうなるのでしょうか?

何事も、摂りすぎは体に良くありませんが、トランス脂肪酸は摂取しすぎると「太る」とされているという事でよろしいでしょうか?
直接的には、悪玉コレステロールを増やす要因のようですが、具体的なトランス脂肪酸から悪玉コレステロールが生成される反応は調べません・・・面倒なので・・・
(と、していましたが詳しいメカニズムはよくわかりませんが、疫学的調査から「どうやら、トランス脂肪酸をたくさん摂ると、通称善玉コレステロールが減って、通称悪玉コレステロールが増えるんだ・・・」ってわかってきたそうです)


おそらく悪玉コレステロール増加によって、動脈硬化が誘発。それによって心疾患などの悪影響の連鎖が起きるのかなと思っています。

太る・・・なんかヤデスネ。やっぱり摂るのは控えましょう。


アメリカの文化なのか?目の前の食べ物あるだけ全部食べちゃう民族みたいで、アメリカ全土で肥満蔓延なんだそうです。で、この規制をかけて業界で発生するモロモロ諸費用と、規制して健康になって医療費が浮く費用との天秤なんかにかけてみて、「採用!」となったのが、トランス脂肪酸の規制なんだと思います。あちこちネットで調べてみましたが、多分断定してよいと思います。


それを受けて、日本での新聞報道が「すわっ、トランス脂肪酸の使用禁止だ!」みたいな記事になったみたいです。どうも間違いで、安全に使っていいよリストから除外されるので、正確には面倒でも商品に使用したら申請してネというルールに切り替わるだけのようです。

そうなったら事実上使用禁止なのかも知れませんし、意外に材料の何パーセント以下ならオッケーとかになるのかもしれません。


おっと、そうだった。サイゾーの記事ですね。事態を深刻化しているのはアメリカでの話。


で、日本。日本では規制されていないとの事です。

最近の情報では、日本人特に女性、更に言うと都市部に住む女性摂取過剰な方が4割ほどいるようです。年齢とかいろいろ条件あると思いますが、マーガリンなどを使ったお菓子とかを食べちゃうと基準値を超えちゃうらしいです。もちろん、適量に食べる分には良いと思いますが・・・私の基準の適量なので、感覚的な話ですが・・・


安さが売りのお菓子を食べちゃうとダメなのかな・・・


また、山崎製パンさんのHPで見ると、ランチパックや菓子パンなど「マーガリン」と商品にかかれている物でもざっくり0.5グラムぐらいのようです。毎日そう言うパンを4個食べちゃうとやっぱり厳しいのかもしれませんが、工業由来のトランス脂肪酸だけの数値なのかはよくわかりません。

天然・工業由来全部含めての表示だと思うのですが、測定した結果を見ると、ロールパンとかなら400グラム食べるとトランス脂肪酸摂取量の規定2グラムに行くみたいですね。

サーロイン牛肉なら低い物で400グラム。数値高い物・・・おそらく、脂肪を添加しているんだと思いますが・・・200グラムで規定を超えるものもあるようです。


チーズも200から400グラム食べるとやばい。
生クリームも200グラム飲んじゃうとやばい。
マーガリンとバターではバターの方が数値高いんですね。ま、100グラム当たり13グラム入っちゃうタイプのマーガリンもあるみたいですが・・・

マヨネーズも200グラム食べちゃうとやばい・・・
カレールウはうーんと・・・低くて250グラム?数値高いタイプは150グラムぐらい?(粘性をコクを補う物質になんか有りと見ました!)


要するに、私の感覚では「そんなに食えないわ!」って量を食べると、既定値を超えるようです。(カレーに関しては喰えるが・・・)


いかがでしょうか?受け止め方によりますが、この記事に協力されている方の主催する「日本オーガニックなんちゃら」も同じくらい怪しく見えちゃうのですが・・・

流石に個人なので、色々言いたいことありましたが、辞めておきますがそう言うネット記事に協力しているうさん臭い方と思ったもので、反論の意見もあるよと書かせていただきました。協力者の方の情報は本文を目に通すとわかるかと思います。そこから調べて行けば、トランス脂肪酸のごときよくわからない世界に引きずり込まれる気がします。(なに?オプティマルクッキングって?訳すると「最適な調理」?)


とにかく。トランス脂肪酸・・・気にせずじゃんじゃん食べても良い物ではありませんが、要らぬ心配をあおる内容には断固反対します。

と、このようなネット記事から思ったことを書いてみました。

朝からちらりと1時間ほど調べた内容で恐縮ですが、「言うほどの物ではない?」と、思えるとたどり着いた私は調べ方が足りませんでしょうか?ネットに踊らされていますか?

こう言う事も踏まえての掲載されたネット記事だとしても、まともに信じてしまう方もいると思うので、変な誘導はやっぱりいただけないなと思っちゃいます・・・



どうでしょうか?どう受け止め、どう行動するかは、受け止め方で違うと思います。

「ウソおっしゃい!トランス脂肪酸は悪なのよ!」となれば、その思いのまま行動を。
「よかった、思ったほど危険じゃないのね・・・」となるのならば、それをふまえて行動を。

たまたま、私はバターやマーガリンやマヨネーズやお菓子や肉なんかを好んで食べないから気にしませんが、全てが大好物な方は気を付けなければならない事と言うのは確かだと思います。


今回、真面目でしょうか?いや、無責任なだけかもですね。

油っぽい、脂肪っぽい物で、手ごろな値段で変に日持ちがすると言うものは、怪しいという感覚は失わないようにしたいです。

やーん、真面目。


さて、写真。


Img_1517


どん、とワインから。「ラッセ」さんで飲んだグラスワインのラベルです。
東京でいただくグラスワインは、どこでも美味しい・・・

地元で飲むワインは、ほぼ悲しい・・・

居酒屋とかじゃなくて、オシャレっぽいお店でもそう感じてしまいます。

ま、言いきれるほど飲んでいませんのであしからず。

Img_1518


パスタですね。
ちょいと前までは、パスタなんか家でいくらでも食べれるから、外で食べるのは嫌・・・と、思っていましたが、外で食べるパスタも色々あって面白いもんだ・・・と、考えるようになりました。

よく「家で作った麻婆豆腐の方がはるかに旨い」と、お店の味を表現する方っていると思うのですが、(私もパスタはそう考えていた)それは、井の中の蛙と言うか、勝てるところだけ探して、お店全体に勝ってしまっているような表現だなと思うようになりました。

要するに、不快に思う方もいる表現と言う事で、その場に居る相手がこの表現を喜ぶのか?と、一呼吸おいてから発言する言葉だなと言う事です。

Img_1520

で、こちらがここのお店のスペシャリテって言っていた気がします。チーズを使ったラビオリだったと思います。

これね・・・確かに記憶に残るくらい美味しいと思います。とても、薄い生地で「ふわふわ」って表現が浮かぶ記憶が残っています。

で、中に濃厚なチーズが閉じ込めてあるんだろう・・・と、思ったら意外や意外(と、思うのは私だけ?)、あっさりした味わいだった記憶があります。
代わりに濃厚なのは、皿に広がる「ソース」。これが濃厚チーズだった記憶があります。

たっぷりチーズソースを掬って、ラビオリを食べる・・・ベストは一口で一気に食べるのが良い感じですが、とてももったいない・・・あっという間になくなっちゃう・・・そう思った記憶も蘇ってきました。

本当に旨いお皿です。

さて、ちゃんとしたレストランでは「トランス脂肪酸」ってどのくらい含まれているのだろうか・・・

蛇足ですし、食事中はそう言う事は考えないようにしましょう!食事ダイエットが必要な方には、そうやって考えて食べる癖を付けると、美味しく感じなくなって、食事制限できるかもですが・・・

続きを読む "トランス脂肪酸の話" »

2016年9月 3日 (土)

緊急投稿。秋田ふるさと館(秋田弁バージョン)

今現在、色々あって下書きが全然できていないお店がたくさんあります。
最近は東京編と地元編をひとつづつ投稿していましたが、口コミ完成が間に合わず東京編をお休みしていました。

今回、取りあえず行ったよと書いている備忘録。アンテナショップ編で「ふと」思いついたことを実践したので、緊急投稿します。本当は別のネタ「トランス脂肪酸」についてを投稿しようと持っていたのですが、急きょ変更。

写真のところが順番逆になること申し訳ありません。

来週トランス脂肪酸投稿予定!



で、何が緊急って、「秋田ふるさと館」の口コミ書いていた時に「これ、ネットとかで秋田弁に変換できないかな?」と、思ったのです。

で、キーワード検索。数件の秋田弁コンバータを比べて採用させていただいたのが「秋田弁ver3.0」です。勝手に使わせていただきました。



で、口コミ投稿文をそのままそっくり変換。秋田弁はほぼ知らないので、微妙な変換ミスなんかもある気がしますが、わからないのでこのまま掲載。

個人的には面白いアイデアな気がするのですが・・・




食べログ「秋田ふるさと館」
タイトル「初セミセルフレジ」

つくづく ふるくしぇ人間だなと実感  こぐがらよ・・・

秋田県のアンテナショップ さ行って、結局喰いついた どごはレジ だったで・・・

読み取りと袋詰めはお 店っこの方で、支払いは わ側 さ向いている機械で清算・・・初めて だったで。

今回、いくつかのアンテナショップを回りました。

で、秋田県。 店っこ内をグルーっと見ます。

茶碗蒸しの缶詰は初めて・・・缶詰入りのプリンを経験した事を思い出 したで。すごーく日 たがりが こぐのと、味がおいしかったのを思い出す。買えば いがっだかも。

他 さ気 さ なったものは、

・いぶりがっこ へばなくて、いぶりたけのこ。
・みず。山菜 だべ。 いっけぇちゃんと 食ってみたいと思う食材 だで。
・じゅんさい。国産のシェア90パーセントを誇る食材 だべ。昔 こで うんめと感じた記憶があるの んだども、最近はあまり感じない気も  こぐがらよが、つるりんとした食感やゼリーをまとった葉っぱはすごく特徴あるなと 思うで。
・ババヘラ ババヘラアイスのガム。ババヘラ ババヘラアイス秋田の国道沿い さパイプ椅子 さ座って駄菓子的 ババヘラアイスを売っている方たちの総称だそうな。 おいが地元では?他と同じかも んだども、桃とかスイカを売っている光景は見ます・・・それの、 ババヘラアイスバージョン。の、ガムバージョン。ちゃんと ババヘラアイスも売っていたと 思うで。

これ買って、交通会館内の北海道のアンテナショップの前で くと、とってもマイノリティーな感覚 さなる気が  こぐがらよ。

結局購入したものは、「白神大豆しょうゆ」。他のお 店っこ んだどもあれこれ買っ  だべらよ、もう重くて追加購入できず。以前、関東方面 さ住んでいた時 さ、好んで使っていた醤油が「味雲水の白神大豆しょうゆ」だっ  だべらよ、購入。

最近はやりの鮮度長 たがりタイプで、一滴づつ落とせるのは微妙な調味 さ便利で、刺身とか さ一滴づつかけて 食ってます。

他の気 さなる商品は、また今度ね。





こーんな風に変換できました。面白いですね。面白いと思うのですが・・・面白いと思うのは「書いた本人」と「秋田弁がわかる方」なのかも・・・

残念!新潟弁?のコンバータは見つからなかった・・・同じ文を二つの方言で変換したらどうなるのか?やってみたかった。


さて、写真。

Img_1365

ブレブレですね。

ほとんどの写真がこうなっていたので、食べログに写真投稿していないのです。

が、ここはブログ。自由に投稿です。「打心蕎庵」(だしんそあん)さんの蕎麦です。
今「ラッセ」さんのお店の写真を投稿中ですが、写真貼り付けて投稿予定だったネタは来週に回すので、今回きりの写真を投稿です。

蕎麦屋さんですが、ものすごくいい雰囲気のお蕎麦屋さんです。席の間隔もゆったりしており、懐石なんか出てきそうな雰囲気もあります。

そこの「三種盛」を肴に蕎麦前をしました。

Img_1366

で、珍しく蕎麦は「すだち蕎麦」です。冷たいバージョンです。現在は蕎麦食道の修業中の身。変わり系の蕎麦はほぼ食べず、もりそばであちこち回っていますが、このすだち蕎麦はどうしても一度食べたかったので、注文しちゃいました。

すだち蕎麦の発祥ってどこなんですかね?

で、はしご蕎麦。

Img_1367

七つ海堂」さんで〆の蕎麦をいただきました・・・

が、写真撮ったのはこの一枚・・・蕎麦は出てきてすぐ食べちゃったみたいです・・・

鶏レバーの有馬煮でした。記憶は曖昧ですが、日本酒にあっていたなとうろ覚え。



こんなところで・・・では。

続きを読む "緊急投稿。秋田ふるさと館(秋田弁バージョン)" »

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ