« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

秋が深まりなんか思う・・・

「食べログ」さんは大変お世話になっている身です。

日々の食べた物日記・その日思い付いたこと日記に使っています。

「俺何喰ってきたっけ?」って思う時にあっという間に検索できます。

店名を忘れていたとしても大体の場所とジャンルを検索すれば見つかるでしょうし、店名を何となく覚えていれば、それでびしっと見つかることもあると思います。

店名も場所もうろ覚えだと、ネット検索の方が早いのですが、そこから特定できたら何を食べていたかとかどう思っているとかわかりにくい長文で書いていたとしてもそこは本人・・・さすがに記憶が蘇ると思います。


「何か似たような店名のお店」とかも、検索かければ同じ名前のお店なんかも見つかって、他の方の投稿などをちらと見れば「やっぱ系列なんだ・・・」とかわかり、行ってみたい気持ちになると思います。

自分と波長の合った料理をだすシェフを押さえておくと、独立した時とか残念ながらお店を閉めてしまった後とかも追っかけることが出来る・・・これは、食べログで「系列」みたいな情報あると思いますが、更に「シェフの名前」「オーナーかどうか」「シェフの経歴」なんかがわかるようになると食いしん坊の方のさらに有効な検索アイテムになる気もしています。

で、最近特に気になっていたことをひとつ・・・

どーでもいいような?でも、お店側に立って考えると非常に大事なようなことなんですが「食べログ」さん・・・新しいお店に結構簡単に「掲載保留」の刑を実行します。

適当な関係のないことばっかり書く私ですが「下書き差し戻し」の刑をよく食らいます。慣れているので、「さすがにこの表現だとダメかぁ・・・」とかなるのですが、新たに始めたお店・・・口コミがまだ一個とかのお店で開店一か月ぐらいで不意に「掲載保留」になることが多くなった気がします。

何か理由があるのでしょうか?

簡単な考えられる理由として「架空のお店をでっちあげ、投稿する・・・」ですが、まだ新規登録とかすると何かポイントとか貯まるんでしたっけ?

でも、そんなのは投稿者調べて行けば常習犯かわかると思うのでどうなんだろう・・・

あと、「このお店は休業期間が未確定、移転・閉店の事実確認が出来ないなど、店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留しております。」と言う文章が、書かれていることと、うろ覚えながらお店がまだちゃんと掲載されていた時の状態の記憶を伝っていくと「電話番号」が「不明」のお店にしばらくすると「掲載保留」のレッテルが貼られるような気がしています。気のせいかもしれませんけど・・・


電話番号非公開なのか不明なのか本当に電話がないのかわかりませんが、そういうお店がしばらくすると「掲載保留」になるのかな?なんて思っています。

別に「掲載保留」でも良いのですが、そうするとお店の検索から外されてしまう・・・ここがネックです。

「閉店」扱いと「掲載保留」扱いの違いはお店の方にとって死活問題だと思います。「閉店」していないお店に「閉店」を付けちゃうケースがあったようで、その辺の改善で最近ははっきり閉店を確認して運営へ連絡しても「掲載保留」扱いにすることが多いなとも思っています。


最近では「ほんず」さんが一度閉店状態となって「復活」されたと思うのですが・・・あっ、食べログではずーっと掲載されていたのか?良くわかりませんが「ほんず」さんは「掲載保留」にはなっていないか・・・


とにかく、閉店状態からの復活もあるから安易に「閉店」じゃなくて「掲載保留」でも良いなとは思っています。

「掲載保留」になるシステムが良くわかっていませんが、新たに始めたお店・・・に、しばらくしたら「掲載保留」となって検索で引っかからなくなる・・・
日々新しい食の出会いを求めている私にはとても不便な仕組みです。


お店の側になってみれば、新しいお店で最初に興味を持ってもらう「スタートダッシュ」の時に、もはや公共的なお店の検索にも使われる「食べログ」から外されるのは大変なんではないでしょうか?

ネットに慣れた方ならば、正式にお店として連絡して掲載保留を解除されてもいいのでしょうが、なかなかよそさんの良く知らないネットの情報を扱う会社さんに連絡するのもねぇ・・・なんて、地方にありがちな感じで連絡できないでいる・・・のではないでしょうか?

変に連絡すれば、お店会員の勧誘があるのかもですし、深読みすればそういう勧誘を断ったお店を「掲載保留」にしているのでは・・・?などとも思ってしまいます。


新規営業1年で閉店は40パーセント。2年もつのは50パーセント。5年なら80パーセント以上のお店が閉店し、10年営業できるのはわずか5パーセントとも言われる飲食店の世界・・・そんな貴重な1年目に「掲載保留」にされちゃう。


そんな状態になっているとは気が付かないのか、さっき書いたように「言いたいけどなんかね・・・」なんてなっているお店の隙がありすぎるのかもしれませんが、食べること丸ごと好きな私、新しいお店はすべて応援するつもりでいる私、新しく無いお店もうまく行ってほしいと思う私には辛い仕打ちが「掲載保留」であります。


検索条件に「掲載保留のお店も含める」みたいなチェックマークを付けて検索できるようにすればいいのに・・・そう思ってしまいますが、私もパソコンなんて音痴も音痴。チンとプンとカンとプンであります。それでも、美味しい物に出会いたい一念。必死こいてパソコンにしがみついて、検索しております。

ビジネスなので運営に影響があるような要素はなるべく排除したい・・・のかも知れませんし、商売に繋がらない分野の改善は後回しなのかも知れません。


でも、グーグルストリートのように、無料でその土地の映像が見れる・・・あのような膨大な情報に力を入れてこそ、更に不特定多数の方の利用がある気がします。

食べログ参加当初より、かなり投稿の規制があると思っていますが、それでも無料で本音ベースで投稿が出来るシステム・・・とても良いと思っていますが、なるべく公平にお店を扱ってほしいと思う私は、人気・認知されたお店は、胡坐をかいていないか?という厳しめの目で、まだよちよちとした素人臭さが出ているお店には、私ならこう経験してきたぞ・・・みたいな、やさしいまなざしを持って接していきたいと思っています。


ふざけた投稿には鉄槌を、そんな奴の投稿に「いいね」をした方は申し訳ありませんが「ブロック」させていただいています。


ブログ?ツイッター?良くわかりませんが、その自分の投稿に「いいね」欲しくていろいろ工夫して投稿してるんです・・・って、どこかのテレビで観た気がします。

1ミリも共感できない古い人間です。

だから、バイト先の商品並んでいる冷蔵庫に入っちゃうの?「いいね」が欲しいから?


お店を応援出来ない方は外食しなければいいのに・・・とは、極論ですが確かにそう思うお店も無きにしも非ず・・・だましてくわしてお金を取れればいいさ・・・そういうお店なら痛烈な口コミはいいのですが・・・


お店の方は真面目に今できる材料・機器を使いこなし、美味しいと思うものの提供をお願いします。ただで味がうまくなる方法は「技術の向上」なのかも知れません。

いつもよりちょっとだけ加熱時間を変えてみる。
食材の大きさを考えてみる。
熱の通り方をイメージする。

温度帯によって味わいが変わる。食材の味を引き出せる温度帯があるという事を知る。
常に新しい情報を探すようにする。今持っている技を進化させる努力をする。

食材の管理をしながら、今目の前にいる客の対応をする。ランチとディナーのわずかな時間にフル回転してへとへとになりながらも、利益を出してゆく。従業員が居れば給料をねん出しなければならない・・・

とても、真似のできない世界だと思っています。

貴重な部位や食材を食べることが出来たり、めったに飲めないワインを扱う・・・そういう食いしん坊な方もいますが、私は定食屋のおばちゃんが、心を込めた味を作ったおじちゃんの料理をニコニコしながら持ってくる。そういう料理を食べる・・・そういう料理も真剣に楽しみたいと思っています。

万人に受け入れてもらえる文章が書けませんし、私の考え方が偏っている・・・そう思っています。
でも、今書ける精一杯の食への愛情が「食べログ」への投稿であり、週一回程度の「ブログ的」であるんです。

少しでも、食べることに興味を持つ方のちょっとした息抜きになれば幸いです。
今回はちょいと肩の力入れて書いちゃいましたが・・・

毎度のことでポンポン考えが飛び読みにくい文章ですが、本日は「食べログの掲載保留を考える」をスタートに食への思いで終わった回となりました。

なんかね・・・サクッと短い言葉で投稿するのがいいのかと思うのですが、どう思っているかをちゃんと書きながら意見を言うのが性に合っているので、こうなります・・・って、こういうこと書くから長くなるんですよね・・・

でーはー。


はい写真。

今週から新しいお店の写真です。いや、お店の料理の写真ですね。

Img_0010

・・・ついに断念。整理しきれていない写真ホルダーから掲載するの断念です・・・

本当はあんなお店やこんなお店の写真・・・のような気がする・・・実際行ってるし・・・

てのが、何店舗かあるのですが、どうにも特定できない。

諦めて新しい写真ホルダーから採用することにしました。

で、のっけから「ラペ?」と、自信のない発表。

ハイ調べてみました。

多分間違いないと思います。

どのお店からなのでしょうか?こういうプレゼンテーションをしだしたのは?

白い皿にポツンとあるより全然いいですね。

でも、お店としてはもう用意するアイテムが増えちゃって大変な気もします。

Img_0011

もう一枚。
今度は器が変化球ですね。

一回使っちゃうともうなんか使えなくなる気もしちゃいます。

Img_0012

上から・・・あっ、タラの白子でしょうか?記憶が全くないですが、連れは苦手な食材です。大丈夫だったかも含め記憶がないです。


と、こんな感じで個人的にはついに次のステップに来た・・・と、思う回でした。

こちらのお店2014年11月に行っていました。オープンして間もない頃ですね。

この後は多分全部のお店が特定できていると思います。

では。

続きを読む "秋が深まりなんか思う・・・" »

2016年11月19日 (土)

新たな技を覚えました・・・(食べログ)

新たな技を覚えました・・・もう、口コミ千件オーバーの投稿なのですが、ほぼアナログな事しかできない私がいます。

食べログの口コミで他のお店の事を引き合いに出す時に「レストランにリンク」ってあるのはレビュアーならばわかるかな?と思っています。

私、それ以外出来ないと思っていました。


でも、たまに他の方の口コミをちらりと見ると、文字が太文字になったり、斜体で書いてあったりしているのを見たことがありました。

きっとパソコンの性能のせいなんだろうな・・・なんて思っていましたが、そうではないことが判明!

これ、どの位レビュアーの方がご存知なんでしょう?知らないの私だけ?


まったくパソコン音痴で良くわかりませんが、想像するに・・・あくまでも想像ですけど・・・レビュアーって色々なツールでお店の事を書いて投稿するんだと思います。

私の場合は下書きをスマホのメモで書いてそれを直接コピーペーストすることがほとんどですけど、たまにワードで書いたものをコピーペーストすることもあります。

また、パソコンのブラウザー?がインターネットエクスプローラーで今は落ち着いていますけど、当初はマイクロソフトのエッジ?でネットを開いていたので、その仕様で入力していたのですが、まぁそのエッジがこのブログと食べログとの相性が悪いったらありゃしない。

ブログはココログですが、やっぱり同じように色々なパソコンで開いて文章作ってもちゃんと動作できるように苦労されている・・・と、想像します。

たぶん・・・あくまでも多分ですけど、古いパソコンの仕様でもちゃんと動作するような設定にしているんだと思います。それに新しい「エッジ」が対応していない・・・のだと思っています。

改行とか文字の装飾とか、色々あるんだと思います。

このブログにも普段、目には入っているのだけど使ったことのない機能があります。

ちょっと使ってみます。

下線は出来た・・・かな?

斜体は・・・どうだ?

太文字は・・・出来たでしょうか?

Cocolog_oekaki_2016_11_12_07_29


お絵かきツールで投稿してみました。

なんか凄いね。来年の干支用のネタをマウスで書いてみました。


なるほど・・・色々機能があるもんなんですね・・・使いこなせないや・・・


いや、食べログの話・・・

食べログでは「お店にリンク」しかできないと思っていたのですが、他のアドレスに飛ばすことができることがつい最近判明。

いつも食べログでは「これは、「ブログ的」な方で展開か?」みたいなことを書いていたのみで、よっぽど気になる方のみ、一度トップページに戻ってもらい、そこにある「ブログ的」をクリックしないといけない・・・そう思っていたのですが、なんと本文中にその文章をクリックすると飛んでいける機能があった・・・

知っている人には「何を今さら・・・」なんでしょうが、私には発見でありました。


でも、どうなんだろう・・・毒の要素が強いブログ的な展開を簡単に展開できちゃうと・・・

んっ?出来ちゃうとなんだ?人気に影響する?人気があるのか?・・・無いね。

お店に影響しちゃう・・・でもそれは、ブログなんだから本音で書いていいのでは?

・・

・・・

さして影響はないと判断。

今後、細々と過去のロングバージョンを食べログ口コミ本文中から飛ばせるように変えていきたいと思います。

でも、ロングバージョン・・・30件以上あるみたい・・・

細々とやって行きます。

取りあえず、今後はリンクさせたいと思っています。


しかし、ほぼノーリアクションなこの文句日記。見ている人はいるのかな・・・あっ、アクセス解析って機能もあったっけ・・・

これもよく使い方わかんないんだよな・・・何となく感覚でいじってみます・・・



それでも、日々誰かしらは訪れてくれているみたいですね・・・

ポジティブに訪れた方。ヨーコソ!

ネガティブに訪れた方。ごめんなさい。

日々思う事などを一週間に一回のペースで投稿しています。

毎日投稿の食べログの方ではあまりにも関係ないことを書いちゃった場合はこちらでロングバージョンを展開しております。

目標は「何か新しい発見をお伝えできればいいな・・・」そんな感じでやっています。

あと、多分ややこしい性格の人間の一方的ですが、構造が垣間見えるのでは?と思っております。


今回は特に何かをお伝えするわけではないのですが、食べログのユーザーだったら、食べログ以外のネットのリンクが出来るんだよ・・・ってお話と言う事で・・・

ではー。



あっ、写真。

Img_0856

カントニーズ燕」さんのお店です。ホテルに入っているお店だったので、そう言う資本系のお店で総料理長的な立場で「ケンタカセ」さんが入っているのか?

そう思っていたのですが、オーナーシェフってどこかで書いてあった気がします。

だから?サービスがしっかりしていたのかもですね。

とあるお店の対応が酷く、ホテルに入っているお店全体を「意識の低いお店」と、観てしまっているのですが、やっぱりそのお店だけが悪かったのか?

そう思っても、やっぱり次も同じ対応をされると嫌なので、ホテルのお店は回避しています。
龍天門」殿、あの時の内容・対応は改善されたでしょうか?

Img_0857

えー、やっぱり一度でも悪い印象を持つと、そのお店は二度と行きたくないし、そのお店を連想させること(今回ならばホテルのお店)を回避してしまいます。
嫌いな食材に繋がることだと思います。

肉が苦手な方は、本当は肉の白身の部分や筋の部分・・・まずかったその時の肉の風味などが原因でその時だけ悪い印象を持ったのではと思います。でも、その印象が強く、その後「豚肉があまり・・・」から「肉全般が苦手!」って、成長したのでは?と思います。違うかもしれませんが、そう思っちゃいました。


お店の事を書かねば・・・最初はメインの肉みたいですね。で、ハスの葉とかで包まれたおこわ?が来ました。もう、写真を見ただけで満足です。お腹が空いた・・・

では。

続きを読む "新たな技を覚えました・・・(食べログ)" »

2016年11月13日 (日)

差し戻し(いちゃりば「謎の採点」)+α

一回目の差し戻しは予定通りで、それでも言いたいことを食べログに書き込めたと思っていたのですが、その後予定していた再投稿にも差し戻しをもらっちゃいました。

もらっちゃいましたと言う言葉を使っていますが、今回はややマジで感情的になりそうです。

以下「再」差し戻しの内容。

食べログサポートです。

「いちゃりば」にご投稿いただきました口コミに関しまして、
再度、ご連絡させていただきました。

ご投稿いただいておりますところ、誠に恐れ入りますが、食べログは、
お店で食事をした際の感想・意見を共有する口コミサイトでございますため、
お食事をされた際の感想とは直接関係の無い、食べログの運営に関する
内容や、口コミの修正に関する内容の投稿は、ご遠慮いただいております。

また、口コミの中で、ガイドライン・利用規約に該当する内容へと誘導
されることは、お控えいただけますようお願い申し上げます。


大変恐縮ではございますが、該当の口コミについては下書き状態へと
変更させていただきましたので、下記の抜粋箇所をご確認いただき、
口コミのご修正をお願い致します。

<口コミ修正先URL>
http://tabelog.com/redirector/mobile_mapping?rdc=rvwr/rvw&rda=draft_lst&pal=japan

■該当箇所
------------------------------------------------------
「謎の採点」   

「修正。

もしよければ、[a:http://sarpirmanda.cocolog-nifty.com/blog/,別展開]もしているので興味あればどうぞ。」
------------------------------------------------------

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
今後とも食べログをご愛顧のほど、よろしくお願い致します。



だそうだ!



ちょっと、更に感情的になったので、イラッと来た部分を太文字にしてみました。

今回、新たに身に付けた「別リンク」への手法を使って、食べログ本文には影響をしないようにしてみましたが、食べログ外のブログ的な部分・・・それが、食べログ運営的な部分に関する記述の場合、関連リンクを貼ることを良しとしないという方針がわかりました。

わかる所もあるのです。
もしレビュアー全員が、自身のブログへ毎回必ず誘導するような口コミをした場合、その人の自由に書いている方が面白いとか、参考になってしまったり、お店のネガティブな口コミを書かれていたとしたら、今まで規制して守ってきた食べログの立場が無くなってしまう・・・今酔っぱらった私にはそう思ってしまう・・・参加ユーザーのブログ等への誘導サイトになってしまう・・・のかな?


ブログと食べログを併用している人もいると思いますが、ブログの内容を食べログ口コミへ投稿する方法もあるようですが(やり方わかんない)、その場合も、食べログ口コミから自身のブログの方へ簡単にリンクするような仕組みはないと思います。

ちょっと、酔ってやや感情的でとりとめのない分だと思っていますが、あとで修正する可能性もありますが、食べログ口コミで別リンク先へネガティブな誘導をする場合は徹底した規制がある・・・のかも?というお話でした。

と言う事で、食べログの口コミの修正版では、当初の様な別リンクを作っていましたが、ダメよーダメダメと言う事で・・・(なんか悔しいので、忘れ去られたフレーズで中締めです)




以下一回目の差し戻しの内容・・・



キター!
差し戻しです!

想定内なので全然憤りも何も感じません!

じゃ、何故「感嘆符」なんでしょうね・・・やっぱわたくし、若干ながら感情が入っております。


何時もの定型文にてメールが来ました・・・

『サルピル・マンダ 様

日頃は食べログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
また、このたびは突然のご連絡を失礼致します。

食べログサポートです。

「いちゃりば」にご投稿いただきました口コミに関しまして、
ご連絡させていただきました。

ご投稿いただいておりますところ、大変恐縮ではございますが、
食べログは、お店で食事をした際の感想・意見を共有する
口コミサイトでございます。

そのため、お食事をされた際の感想とは直接関係の無い、
食べログの運営に関する内容の投稿は、ご遠慮いただいております。

もし、食べログについてのお問い合わせやご要望がございます場合には、
口コミとして投稿されるのではなく、お手数をお掛けしますが、
以下フォームよりお問い合わせをいただけますと幸いでございます。』だ!


お店で食事した際の感想意見を共有する口コミサイトなんですけど、もうこれもひっくるめてお店のためでもあるので、書いているんですけどね・・・マ、イッカ。

と言う事で、ザックリ削除して再投稿しちゃうので、原文+加筆して下記の内容にてこちらで補完です。



以下、オリジナル文。


もう切り込んでみます・・・納得行かないから。

現時点で口コミ12件。
うち携帯認証済「10件」
昼の総合点の合計を採点者数で割ると「3.53333」
味・サービス・ドリンクなどの詳細に点を入れた方合計を全数で割る・・・昼は9人。点数が入っているところ合計/総評価数45=「2.18444」
一部でも採点が欠けている人を除外すると、お二人のみで平均「2.8」

この時の昼の評価「2.99」。私の口コミ?下書き状態に入ってから?「3.0」。

昼に行った人の採点で純粋に割ると「3.5」のお店なのに謎の評価システムを通すと「2.99」

なんでなんでしょうねぇ・・・

内容は良く読んでいませんが、総じて好意的な投稿。桜除外システムなど色々全国で通用する評価システムを構築しようとしているのでしょうが、なんとなく理解できないところもやっぱりあるなと思います。

日々改善しているのだと思いますが、それで売り上げに影響もやっぱりしちゃうんだろうなぁ・・・と、ネット社会で事業を経営の方はとても大変なんだと思います。

個人ブログレベルで「あそこはまずい」ってやる分には仕方が無くて、そう言う投稿を取りまとめたサイト「食べログ」になると、公共性と言うか責任が発生してくる・・・人はどこかでやり玉と言うかストレスのはけ口が必要なんでしょうね・・・

見つかるかな・・・見つかるだろうなぁ・・・ハイ差し戻し!

差し戻されてから改めて、Q&Aみたいなところがあったので見てみた・・・

影響度の持つユーザーの投稿には点数が影響するようにしているんだそうな。影響度とは何だろうと思いますが、口コミ数とか?「いいね」数なのか?どう思います?
そういう口コミが十分集まっていないとお店の点数に反映できないようになっているんだそうな・・・

口コミ数ねぇ・・・当該の県(新潟県内である程度口コミ数がないと影響度が低いとか?)での口コミ数とかなのかも知れないですし、純粋に総口コミ数なのかも知れませんね。いや、口コミ数だけで影響あるユーザーとしていないかもしれません。

「いいね」数なんでしょうか?本来の「口コミ」と言うことからすると、あちこちにコメントや「いいね」をされる方こそ、口コミでお店が広まる仕組み・・・なのかも知れません。何件くらい「いいね」をもらうと影響が出てくるのか・・・?いや、「いいねの数」で影響あるユーザーにならないのかもしれません。

でも、そのどちらで観ても投稿された方はクリアしている方が多い気がします。県内の口コミもたくさんですし、ちゃんと「いいね」も私から見るとたくさんいただいている方々です。なのに昼間の評価が「3.0」。

総合点ではなく、各項目の点数も加味しているのかもしれません。点数を控える・・・いわゆる「-」の表示にするとマイナス要素が発生するのかもしれません。

でも、評価に影響無いってどこかで読んだ気もするけどなぁ・・・

新潟では口コミ10件以上あるお店は多い方だと思います。口コミ数が少ないと言うわけでもないと思います。

やっぱり納得がいかない。

と言う事でこちらに加筆して投稿と言うことにします。

もちろん、同じような状況になっているお店も結構見ます。

私の場合は、エリアを狭く絞って、あとはお店の名前やジャンル(このジャンルも適当なことがあるんですけどね・・・)で好みの料理のお店か?をみて、気になったら食べログ以外のネット情報を探して、お店のホームページとかブログ的なものもないか探して、グーグルストリートがあれば、そのお店の映像を探して、気になれば実際にお店に行ってみる・・・ただし、ハズレの場合もあるので、周辺に何件か抑えのお店を用意する・・・これを、毎日やっているんです・・・疲れる・・・でも、楽しい。でもでも、もっと便利になって欲しい!


「食べログ」さん・・・凄くお世話になっていて、とても便利だなと思っているからこその疑問でした。



そんな事を思いながらお店に向かった事は確か。好きか嫌いかまだよくわからない沖縄テイストのお店なんだと思い目指します。到着。

あまり好きではないのですが、パチンコ系を含めた飲食・本など一式まとめた郊外型のエリアなんだと思います。なんでしたっけ?アメリカの誰かが始めたんでしたっけ?

「行逢えば兄弟」を「いちゃりば、ちょーでー」となり、人類皆兄弟と一期一会を合わせたニュアンスなんだそうな。

袖すり合うは何かの縁や同じ穴の狢。同じ釜飯を喰う。一宿一飯の恩義。などなど縁を大切にしたのは生活のインフラに余裕があるからなのかもしれません。いや、余裕がないから「お互い様」と、取り分が減ってでも分け与える精神があったのかもしれません。

ランチセットは平日限定ですが、沖縄マックスな品数豊富な案内がありました。
他にも1500円前後で沖縄的御膳の案内。

ランチメニューとしてしっかり冊子で案内で、沖縄そばのバリエーションや海ぶどうの丼。タコライス。ラフテー丼やジューシーの案内がありました。

チャンプルーもゴーヤ・トーフ・フーのチャンプルー定食の用意。あぐー豚丼(あぐーがひらがなは登録商標で50%血が入っていればよいとか・・・)などもあり。デザートも紅芋タルト・サーターアンダギーなど沖縄らしいですね。

さすが沖縄。ランチタイム限定で飲み放題もありました。しまった、平日休んで来れば良かった・・・

卓上は紅生姜・醤油・泡盛入り島とうがらしが調味料。コーレーグースでしたっけ?

呼びボタンでお店の方を呼びます。ゆし豆腐そば650円とミニ海ぶどう丼400円ぐらい?を注文。

・・・到着。

太ツルな麺。私のイメージですみませんが、なんか違う。スープも塩が立ち気味。昆布+豚のまろやかな印象とは違う。私は、どこで食べた物がデフォルトになっているんだろう・・・

とは言え、あくまでもピンポイントで考えた時で、ぱっと見は沖縄的な感じはします。ゆし豆腐はどかんと乗ってました。海ぶどう丼はとろろがちょっと乗っている。そこに惹かれて注文しました。・・・らしい味です。佐渡的なイカと長藻の丼を思い出します。

そもそも、沖縄の本格的な料理って食べたことあるか・・・考えると、片手ぐらいしか行った事ないか・・・その中で、ウチナーンチュが「これはおいしいね。島の味だね。」って言ってもらえるものがあったのか・・・まだまだ、沖縄の味は興味が尽きません。同じように、それぞれの地方特有の料理にも興味津々でございます。

終始、三線の音がした店内。行く気は無いけど、島へ行った気にさせる?かな・・・


以上です。


毎度関係ないことを長々書いている口コミですが、運営サイトの事に触れるとしっかり「下書きの刑」にされます・・・

運営もぶれないねぇ・・・私も懲りずに疑問に思ったことはしっかり書いていきたいと思います。


さて、写真。

「カントニーズ燕(えん) ケン タカセ」さんシリーズです。

Img_0854

野菜炒めですね。

中華料理で大好きなものの一つです。野菜炒めがおいしい中華料理屋さんは間違いなくほかの料理もおいしいと思っています。

とてもシンプルな材料を適切な火入れによって「シャクシャク」「シャキシャキ」とした歯ごたえのまま、心地よい油感をまとわせて、少量のスープと調味料で味に奥行きを持たせる。

スープが良いから、美味しい味が広がるし、加熱が的確だから油が気にならず、歯ごたえ良くいただけます。

もし、万が一。おいしい中華料理屋さんに行って野菜炒めを食べていないのならば・・・ぜひ食べてみることをお勧めします。

とは言え、コースの中とかに組み込まれていないとなかなか頼めないものなんですよねぇ・・・

Img_0855

魚です。

大好物の、「白身魚の蒸し物。熱したオイルをかけて」です。お店では違う名前でしたでしょうが、白身魚を蒸し、上に細切りのねぎとか生姜を乗せて、アッツアツのオイルを「ジュッ」と掛ける・・・

中国醤油でもいいし、日本のしょうゆ少々でもいいし、トーチを少し刻んだものを一緒に入れたり蒸したりしてもいいと思います。

無視調理が面倒ですし、台所がちょっと油っぽくなりますが、レンジで蒸す方法とかもあるはずなので、これをマスターしたら、喜ばれると思います。

お店でいただくものはそんな自作の物よりはるかに旨い!マジ旨いっす!


・・・

そうそう。こちらのシェフ、完全予約制のお店も出したんですよねぇ・・・
完全予約制のひとり3万えーん・・・

エーン・・・行けないよー!

続きを読む "差し戻し(いちゃりば「謎の採点」)+α" »

2016年11月 5日 (土)

さんぽう亭五泉でロングバージョン

言葉遊びとでも言いましょうか・・・お店の名前やその土地や料理名など由来伝来口伝秘伝と色々あると思いますが、今回いきなりタイトルでやっちゃいました。

さんぽう・・・と書いた瞬間「三方一両損」を思い出す。

私の場合はテレビの時代劇なんだと思います。奉行所関係のドラマ・・・大岡越前のドラマかなんかで観たのがお初だと思います。

知ってますか?知ってません?

今回改めて調べてみれば元は落語だったみたいです。へぇ。

まぁ、昔の娯楽はしゃべくり・形態模写・劇などの他に浮世絵みたいなものとか、あとは何だったんでしょうね?花見や縁日などもしょっちゅうあったのか?なかったのか?・・・生きるのに必死な村ではあまり余裕はなかったでしょうし、そこそこ余裕のあった江戸では日々何かしらの娯楽なんかがあったんだと思います。

宵越しの金は持たねぇ・・・そんな江戸の粋っぷりはその当時の時代としては本当にあったんだと思います。
「おめぇさん、なんでそんなにチマチマと銭を蓄えるんでぇい?」と、現代人を見たら言われそうですね。

そんな江戸っ子。気が短いのも周りでみんながやっているから(学校内で流行る服装・言葉・行動的な?)ってのもあったのかもです。

で、お金(三両)を落とした熊さん。拾った金さん、落とした財布に書付があったので、そこへ行って届けてみれば、「書付は助かった。でも、金(三両)は落とした俺が悪いんだ、お前のもんだ」ときたもんだ。ちゃきちゃきの金さんも「てめぇ、こちとら金(三両)が欲しくて届けたんじゃねぇよ」とやっちゃう。「なにおう!落とした金はもう俺んじゃねぇってんでからてめぇでなんとかしやがれっ!」なんてなったようです・・・紛争勃発ですね。

「ありがとなこれで一杯やってくんな」と、一両あげときゃ丸く収まったかもしれないこの意地の張り合い、一瞬にして両者引くに引けない当時の美意識を優先します。

結果取っ組み合い。つかみ合い。殴り合いまで行っちゃう・・・もちろん、ご近所の人たちに止められる。で、それぞれの大家さんも巻き込んで落としどころを探す・・・

で、奉行所にて白黒つけることとなった・・・

こういうことも奉行所はやっていたのかまでは調べませんが、意地の張り合いで一歩も引かないってのは職人の町「江戸」ならありうるネタなのかも知れません。

白洲の席でも「俺んじゃねぇ」「要らねぇって言ってんだろ」みたいな展開がありまして、時のお奉行大岡越前さん「じゃ、俺がもらうね?」となり「それがイイ」と、両者も納得したそうです。

すると越前さん、「お前たちは偉いねー、ネコババしないし、落としたお金は俺のじゃないと欲がない」「へぇ。」「で、ご褒美あげちゃうよ」「ははぁ~」みたいな展開になったみたいです。

国民栄誉賞じゃないけど、警察からの感謝状みたいなものはやっぱり自慢になるのかもですね。

で、「はい、褒美二両づつ」「ははぁ、ありがたく」とはそれぞれの長屋の大家さんからの強制もあったか、ここは素直に従います。


越前さん「良きかな!これぞ、三方一両損!」となって、感想戦となります。

おわかりですよね?三両落とした熊さんも二両が手元に戻る。要らねぇと言われて、本来は三両もらえた金さんも一両減って二両。めんどくさいやつらを一両出して丸く収めた大岡越前さんも一両損したけど、まぁ納まった・・・?
なんて、大岡越前さんは得意になって解説します。

私的には大岡越前さんの独り損な気もしますが、そんなお話が事のあらすじのようです。

で、落語なので「落ち」がありますが、ダジャレ落ちと言うはなんか初めて知った気がします。

大岡越前「おっ、ちょうど良い時間だから、飯食べてって」
熊・金「えっ、いいんですかい?」
大岡越前「いいよ、おーい。」
配膳。早速みんなでいただきます。

熊「おぉ、これはシンプルな見た目ですが、雑味のない味。本枯れ節を使ってますな」
金「いや、それもそうだが、醤油がイイね」
熊「また、喧嘩して呼ばれて、こいつ食べたいかも」
金「おかわりしちゃう?」

大岡越前「こらこら、腹は八分目。なにやら、「あるつはいまー」なるものにも「低かろりー」が良いのだぞ。ほどほどにな」

熊・金「へぇ、そりゃわかっております。・・・せーのっ!「多かぁ(大岡)喰わねぇ。たった一膳(越前)!ですもんね」

大岡越前「なにおぅ!・・・ぷっ・・・」

全員「アッハッハー」

なんて、言葉遊びで落ちる落語なんだそうです。「地口(じぐち)おち」と呼ぶそうです。「仁輪加(にわか)落ち」とも言うそうな。

以上・・・もうね、ダメだね。ロングバージョン行きです・・・(という事で、食べログ分では意味ないここはばっさり削除)

えー、お店の事ですね。

そう言えば、さんぽう亭に行ってみようか?前回そんな軽い気持ちで訪れるも、満席で断られる・・・恐るべし。

今回もう早飯で11時半前に行くも半分とは言いませんが結構お客さんが入っています。凄いね。

カウンター9席くらいとテーブル席が大小9卓くらいと小上がりが有りました。駐車場は共同で沢山。

メニューはパウチで全とろ麻婆麺864円。東京では1000円なんだそうです。

他は何時ものようなメニュー。注文後すぐメニューを下げられるので、メモできません。うろ覚え・・・

醤油ラーメンと半チャーハンなんてセットもあるんだな。五目あんかけ飯もミニサイズがあったみたい。ミニかつもあった気がします。

ですが、あんかけマンな私はブレずに五目うま煮めんを選択。いやブレブレでしたが、挑戦しようと言う麺が無かった・・・そう言えば、こってりに行ったことがないな。

卓上は餃子のタレ。酢・ラー油・胡椒・ご飯用ふりかけ。そうそう半ライスサービスだった。

食べログでは削除してますが、まくらで「大岡越前」の件でパワーを使っちゃってお店の事が雑になっちゃいました・・・

到着。

今回たまたま気になったのかな・・・

食材に関してちょいとだけ、気になっちゃった。熟成的な風味があったかなと言う感じ。

でも、ブレの範疇問題はないと思います。

しかしどこのお店もしっかりしたサービスで良いなと思います。

以上。


さて、写真。


東京駅のホテルの地下にあるお店「カントニーズ燕(えん)」さんシリーズですね。

Img_0851

なんでしょうね?

こちらのお店の記憶は「全て作り込まれていておいしい」と言う記憶なので、これもおいしくいただいたはずです。

ヘルシー的な展開を得意としていた記憶があります。野菜使いが良かった?あいまいですけど・・・

Img_0853

精進系の「佛跳牆」です。「ファッテューチョン」って表記だったかな?野菜とキノコで構成されたスープ。「おいしんぼ」で多分知ったこの欲を絶った仏僧も牆(かきね)を跳んで来るうまさのスープ・・・

いいんです。これは精進バージョンだから、仏僧さんも食べてもオッケー!

本来は火腿(金華ハム)など御仏NG食材で作るものだと思うのですが、蒸しスープらしくすごくクリアーな印象でした。
正直に言えば、最初「動物系のコクは無いな・・・」と思い飲み始めましたが、後半は「しみじみ旨いってこういうことかも・・・」って思った記憶が今も残っています。二年以上前のお店のはずですけど、覚えているもんです。

Img_0852

アップ。きのこと乾燥野菜なんだそうです。茶色いものはみな旨い!ビバ。

では。また来週。

続きを読む "さんぽう亭五泉でロングバージョン" »

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ