« クジラとカンガルー | トップページ | H28年版の食べログプロフィール »

2017年4月16日 (日)

ラーメン一杯千円の壁

えー、引っ越ししてようやくパソコンが使える環境になりました・・・

未だ、今までの生活パターンに戻れず、新たな土地にも慣れない中で、ネットの環境だけはようやく確保。

一週空いたこのブログ的。2週間分くらいの食べたお店のメモをこれから食べログ用に書き起こさねばならないので、過去の在庫から選んで投稿。

ラーメン一杯1000円超えは難しいのかな?なんて思い付きで書いたこちらのネタを今回は何の関連もなく投稿しておきます。
では。




こちら「ブログ的」。

週一回で何とか投稿している状態ですが、独りよがりの色々な思考遊びのようなものを投稿しております。

一応食に関係することを基本に色々思ったり感じたり、感じなくても捻り出したものを文章にして見ています。

頭の中で思い付いたことを言葉にする・・・文章にする・・・そう言う事で、若年性アルツハイマーにならないように必死に頑張っているのかもです。


もし、面白く見守っている方がいたとしたらこれ幸いです。



さて、在庫の中で一番古そうなものを改めて投稿できるか?再検討です。

こちらのタイトルから展開した内容は2014年11月30日が最終保存になっている物でした。2年以上前に書いたものですね。

面白いのでなるべく修正せずに載っけておきたい。以下当時の文章。




正直に言うと、何が違うかは全然わかりませんが、新潟のラーメンの麺は県外を知ってしまうとちょっとその先があるよと言う感じです。生意気素人意見ですが、これだけははっきり言えます。たまに出張や食旅行で東京へ行って、たまに食べるラーメン屋さんの麺を食べると、軽い驚きを感じます。でも、そんなに並ばないお店なんです。トップではないけど、こだわりをそこそこ持つお店ぐらいだと東京では、並ばずに食べられるみたい・・・そう感じています。

麺の密度・風味・ゆで加減でしょうか?粉の差?水?熟成?全然わかりませんが、感じてしまうのは仕方がない。

その点、米の旨さは地元がはるかに上なんですけどね。

なんて、こちらのお店の口コミで書くことではないのですが、最近思ったことを書いてしまいました。
(注意。どうやら、どこかのお店の口コミの冒頭で書き始めた内容のようです。さっぱり忘れちゃいました)

・・・いわゆるノーマルのラーメン一杯っていくらでしょう?

人によって、500円だ・・・いや、800円だろってあると思います。

求めるものによって違うんだと思います。

とにかく、安くお腹一杯食べたいと考える方と、そのお店のこだわった結果のスープと麺を楽しみたいと思う方では、一杯のラーメンの値段に差が出るということです。

可能であれば、こだわりの旨い一杯が手ごろな値段でいただきたい・・・

ですが、食べ物丸ごと愛する私は、お店の人にも利用するお客さんにも納得の形を考えたいです。

これなら高くても食べたい・・・そんな、一杯ができればよいなということですね。

うーむ・・・

味に関してはプロに任せます。知らないもん。

食べる側で「あったらいいな」、「お金払ってもいいな」と思える一杯を考えます。

温度・長居させない・初期投資・新しいトッピング。ふ海苔・米・地魚・地物の食材・・・

悩みます。




以上で終わっていました。

当時?今もだと思うのですが、ラーメン一杯に「千円の壁」というのがある・・・そう漫画で読んでなるほどと思ったことがベースにあってこんな展開になったんだと思います。

今でもやっぱり「ラーメン一杯千円の壁」というのは続いているみたいですね。

さっくり調べると、あえて高価格帯のラーメンを作っているお店もあるし、人気のお店もあるみたいですね。「めんたい煮込みつけ麺」・・・つけ麺かぁ・・・じゃなきゃ、ちょっと面白いなと思ったのですが、つけ麺かぁ・・・。連れに話して興味があったら行ってみたいと思います。


そんなお店もありますが、やっぱり「ラーメン如きに1000円以上出す奴は間抜け・・・」なんて、イメージもあるみたいです。

結局「需要と供給」になっちゃうんですが、今いただけるスタイルのラーメンでは中々高い金額設定には出来ないのかなと思います。

乾物・塩・野菜・魚介類・動物系・・・とあると思うのですが、そう言う今手に入る材料で色々組み合わせて、プラスαな手法などで提供していきなり「1500円です」ってのは、お客さんが集まらないのかなと思います。

イメージってのもありますね。

回転寿司のお値段は今は一貫いくらが相場なんでしょうか?メジャーな種なら100円なのかな?

そこに同じ種だけど、すっごいものなんです。だから500円・・・って言われても、ほとんど注文しないのと、ラーメン一杯千円は同じなのかもしれません。

同様に、サンドイッチの相場。おにぎりの相場。かつ丼の相場。カレーライスの相場・・・など、基本的にある程度それぞれに似合った価格設定があると思います。

もちろん、夜のお店のスナックの相場。キャバクラの相場。
女性向けに考えると、化粧品・・・リップクリームの相場。うーん・・・化粧品はわかんないけど、そう言うそれぞれに相場があって、高価格帯のものもあるけど、上限のイメージはあると思います。

ラーメンだけじゃないですね。ただ、ラーメンの一杯の感覚は「1000円は高い」であり、もしそんな価格設定のラーメンがあるのならば、支払った倍以上の価格感が無いといけないのかもしれません。

べたべたなのは、超高級食材を使って、それに結果が伴えば払えるのかもしれません。

キャビアがトッピング。サワークリームと合わせ、このスープと麺と一緒に食べると、誰もがわかる新しさ・・・それをふまえておいしさもある・・・味はほんと衝撃的!

これならば手を出す人はいる?本当においしい結果があれば口コミ広がり、「値段は確かに高いけど、ラーメンで感動できるよ!」とかならば、どんどん広がるのかもですね。

キャビアじゃたぶん異次元の美味しさにはならないと思うけど。


純粋に高級な乾物。貴重な塩。鮮度のいい安全な野菜。同様な魚介や肉類・・・作れる原価に上限無ければ、そう言う物を合わせていくと、本当に贅沢なスープが出来るのかもしれません。

が、その組み合わせから生まれる味わいは、やっぱり「ラーメンらしいスープの味」なんだと思います。どんなに、クオリティが高くても500円のラーメンと比べて、三倍美味しい1500円のラーメン?うーん・・・ってなっちゃう気がします。

・・・今、書いていて思ったのは、「そのジャンルの相場の倍は超えにくい」ってのがあるのかもです。

靴の相場が5000円だとしたら、同じジャンルの靴で10000円を超えると、ちょっと手が出にくいのでは?

何でもいいのですけど「○○」と言う物で大体みんなが思う価格帯があって、それの倍の値段がするもの・・・どんなにいいなと思っても手が出ない気がします。

手が出る人の感覚は、みんなが思う価格帯を知らないのか、自分が思う平均的な価格帯が人よりも高いから、手が出るんだと思います。


そう考えると、ノーマルラーメン1000円越えは無理ですね。合わせ注文で1000円超えにするしかないですね。

その場合。「お店の主軸を増やす」という事かな・・・ラーメンが旨い。チャーハンも美味い。ギョーザも美味い。チャーシューも美味い。

4軸くらいあれば、1000円超えの組み合わせを結構進められる気がします。

他店に負けないくらいのものでないとダメですけど。

もちろん、1000円以下の組み合わせも作るけど、1500円くらいの価格帯にすると、量も満足するし、どっちもしっかり楽しめる・・・そういう風に思わせるような展開が欲しいですね。

900円でラーメンと餃子3個。でも、1500円だと餃子は10個まで頼めるけどいくつにしますか?とか。

1500円だと餃子5個に、(おいしい)チャーシューも半量トッピングできますとか?

ぶっちゃけ、1500円はお土産チャーシューがあらかじめ付きます。みたいな感じ?

別にお土産チャーシュー500円とするよりも、あらかじめセットで用意するのが頼みやすかったりして・・・

餃子もあらかじめ大量に作るとおいしくまとめて羽根突き餃子がたくさんできる・・・のであれば、見越して作り置きを出来るような調理法にして、注文毎に対応ではない「たくさん作った時の旨さ」を売りに出来たらいいなと思います。

茹で餃子バイキングとか?350円ぐらいで、ソフトドリンクと水餃子食べ放題とか?

おかしな客の事を想定してメニューは作り込んでいかなければいけないですが、一気に人気店になる仕掛けってのは、有るのならやらない手は無いと思うのですが・・・

素人意見なのかなぁ・・・

そんな加筆(H29.2.8)



と、書いて投稿準備としていました。もはや、新潟にいないのですが、新潟のラーメンを思って書いたところもあったと思います。

まだ、埼玉に越してから数えるほどしかラーメン屋さんに行っていませんが、普段の食も記録するようになってから、初の県外生活。さてどう感じるか?

では。



さて、写真。実に3週間ぶりの感覚です。なんだったっけ・・・あっ、「かに道楽」さんだった!

ベタなお店と思う方もいるでしょうか?

私はそう思っていましたが、改めて食べてみると、なんとも楽しいお店だなと再認識。

Img_0068

刺身ですね。

蟹の本場の方はこんな風には食べないと思いますが、いろいろな状態で食べることができる「外食」ならばどうでしょうか?

Img_0070

蟹味噌ですね。
市販のものを食べると、結構癖が強くて・・・それはそれでグイグイお酒が進むからいいのですが・・・やっぱ「かに」の名の付くお店!こういう珍味系が苦手な連れもパクパクと食べていた記憶があります。


では、ここまで。食べログのほうの整理をします。

・・

・・・

さて、Bな面。

近況を書いていますが、引っ越しの荷解きを途中で断念してこんなことをやってます。

キッチン周りの道具を見つけ、ネット環境を立ち上げ、炊事洗濯の必要最低限の環境が整ったぐらいです。いまだ、あるはずの調味料が見つかっていませんが・・・

本日の投稿したお店の写真を載せときますか。

Img_5437

レンズが曇ってますね。

そんな湿気のあるお店でした。

Img_5438


改めて撮り直し。

刺身に焼き魚。茶碗蒸しかな?食べログのほうでは書き漏れみたいですね。

感覚的な印象は食べログのほうで、実際に食べたものはこちらで見ていただけたらと思います。

記憶はそんなに思い出しませんが、悪い印象はないです。

どうぞ、お決まり一本のランチ750円。

ご利用いかがでしょうか?

« クジラとカンガルー | トップページ | H28年版の食べログプロフィール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559994/60735769

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン一杯千円の壁:

« クジラとカンガルー | トップページ | H28年版の食べログプロフィール »

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ