« 子供の親。親の子供化。「おやこや」ロングバージョン | トップページ | 新たな地にて食べ始め »

2017年5月29日 (月)

食べログ新潟編終了

既に新潟には住んでおりませんが、食べログの新潟の在庫が空になったこのタイミングで何か思うことあるか?とパソコンの前に座ってみました。


この一か月ちょっとは在庫をさっとチェックして投稿しているだけですので、思い入れとかは引っ越しのタイミングが一番あったかなとか改めて思いますが、今一つ思ったことはあります。

「新潟で3000軒行かなかったな・・・」です。

一年で300軒回って10年かかるところを7年ほどであとちょっとまで行った・・・そっちの方がおかしい気もしますが、とにかくよく食べた年代であります。

年をとると食の嗜好が変わると言いますが、中学ぐらいから肉を好んで食べなくなってからは、そんなに嗜好は変わっていない気もします。

ですが、思考(しこう)は変わったなと思います。自分の好みに合わないものもタイミングと相性の問題だと思うようになり、すべてのお店がうまくいくように願うようになった・・・つもりです。

・・・そう思っていたのですが、新たな地にて私からはとてもフォローできないお店にも遭遇しました。

そう思うと、新潟でははずれは無かったな・・・と思っています。


今後は新たな地「埼玉」で相変わらずの食の暴走をしつつも、飲食すべてを好きなまま思うがままに食べまわってみたいと思います。



そうそう、食の思考。新潟では「蕎麦」と言うジャンルに目覚めた気がします。もう一つは「寿司」。

「蕎麦」は、どこかでも書いたのですが、外食の経験をとにかくもっとしたい!でもお酒も飲みたい。お酒飲むと食べる量は減っちゃう。では?
と、悩んで導き出したのが「蕎麦」でした。

蕎麦前の世界。肴とお酒を少々楽しむ。
そして、最後にお店ごとに色々ある「蕎麦」で〆る・・・おなか一杯にならない楽しみ方が出来るジャンル。もちろんお腹一杯にしても良いジャンル。
そんな世界がとても私が好きなことに気が付きました。

肴二品とお酒二合・・・その量がとてもちょうどよい年頃です。若かりし頃は酔いつぶれるまで飲まねば気が済まなかったでしょうし(今でもそうですが・・・)、居酒屋さんとかではもうちょっと頼まねばならないのでは?なんて思ってしまう性格もあります。その点、蕎麦はなんか許される感じです。

今後は食が細くなり、なんか病気とかして思うように食を楽しめなくなる気もします。

今ちょうどよいのが「蕎麦」かなって思っています。


もう一つ。新潟で新しいジャンルとして食べ始めたものに「寿司」があります。
あこがれのカウンター?今でもド緊張しますが、上司の「なんか、刺身から頂戴」みたいな寿司の利用になれたらいいなと実は思っていた・・・そんなことに気が付いた時期でもありました。

そして、寿司屋さんの刺身ってマジでうまいの。

魚にはこだわるってお店も何軒か経験してますし、ほーっと唸るうまさのお店にも出会った気がします。
でも、刺身に関しては「寿司」のプロから切り出される魚片には敵わないなと感じました。調理した魚もおいしいのですが、いわゆる「生」の魚のうまさは、調理したら消えてしまう香味まとう美味さがあると気が付きました。

「鮮度で言えば漁師には負けるけど、うまさを引き出すのは負けねぇ・・・」そんなことは聞いたことは無いけども、余すとこなく使い切る漁師料理に対し、うまいところのみ切り出す寿司屋の刺身・・・そんな印象もあります。

まだまだ、ランチ営業のお寿司屋さんにビクビク入っているところですが、魚が好きでずっと行ってみたいなって思っていた寿司屋さんデビューが出来たのは新潟時代の良い収穫だと思っています。

転勤当初思っていた、割烹的なお店に慣れる・・・はほとんど行けませんでしたが、一回の値段も高いし、定食・麺類・ランチの世界でどっぷり堪能していたので、悔いはあまりないかもです。


そう言うことで言うと「喫茶店」デビューも新潟でした。パスタには手を出さないと思っていたのですが、「再訪より新規店優先」って心に思ってから、健気にマイルールを守り、新しいお店がなくなったと思っていたエリアで「何かないか?」と、調べていくうちに、無意識にスルーしていたお店「喫茶店」たちに目が留まる・・・そんな感じで、喫茶店を感じ、恐る恐る扉を開けたのも新潟でした。
結果、やっぱり何かしら経験になったなと言うことでした。

新しいお店に挑戦する感覚・楽しみを一生懸命紹介したつもりです。

おいしく食べるために、悪いところを探すより、例え見つけたとしても気にしないようにおいしく食べようと書いたつもりです。

どこのお店から読んでも大丈夫なように、省略をせず長い文章になったのはごめんなさい。
途中から、キーボードに思ったままを打ち込むことが好きになったのも併せてスマヌ。


あまりにも余計なことを書きすぎているな・・・と、気が付いて以降「ブログ」的なものを始めたのも新潟でした。

毎日投稿するようになったのも新潟からですね。
性格もあるのでしょうが、食べログの下書きのお店の在庫の数が減るとビビるようになり、ブログ的なほうのネタも毎週一本を自分に課してしまい、在庫確保のためにほぼその時に思った感情・気になる言葉・内容をネタとしてメモするようになりました。

全く何もしないで生活するより、キーボードに言葉を打つ行為や頭に浮かんだイメージをちゃんと言葉にすることをしないよりは、した方が今後に何かしら影響あるのでは?と、思うので、今しばらくはボケ防止の日課とさせていただきたいと思います。



では、新潟編は一旦終了とさせていただきます。

とは言え、実家もあるし、今後は年に一度は帰るようなパターンになると思うので、その時にチャンスあればどこかで外食になるかと思います。
すべての食べたものを記録していますので、今までのように新潟の毎日投稿は終わりますが、たまに投稿すると思います。

おいしい出会いがありますように。健康で食べる(呑むか・・・)ことがいましばらく続きますように。

飲食に携わる方すべてが楽しくおいしく健康でいられますように。

世界のすべてが・・・そこまでは願えない私ですが、好きなことが食で良かったと今後も思えるように、仕事をしつつ(嫌々だけど・・・)、食べていけたらいいな。



そんな感じにまとめてみました午前4時。年取ると、一回起きると二度寝が出来なくなるのかな?

さて、写真。

今週はロングバージョンもあり、週一以上の露出です。


今回から新しいお店。
小出しですみませんね。在庫切れを恐れるもので・・・


前回投稿したかあいまいですが、ショートバージョン。今回と次回で完了。

Img_0120
フォードラゴン」さんのエビの料理。

パクチーとエビが好きなんです。みたいなお話をしたら「そうなの!じゃ、エビ入れてあげるね」みたいなノリで、エビ増しな一皿をいただいた気がします。

あっ、思い出した。これ、ココナツの芽のサラダのはず。食べログでは、ハスの芽って書いてますが、お国を考えるとココナツヤシの芽じゃないかなぁ・・・記憶あいまいです。エビはオプションか尾頭付きにアップした気がします。

Img_0121
定番ですね。揚げ春巻きです。
ベトナム料理でこれを食べない方はいないと思うほどのものです。ま、揚げ物苦手なら食べないかもしれませんが、食べずに嫌いとは言わせない料理です。
揚げたものをタレにつけて、みずみずしい葉っぱ包んで食べるという、パリ感が少し減る食べ方ですが、それがうまい。

たぶん出来立てで提供するはずなので、葉っぱで温度感覚騙されて、食べたら火傷・・・初めて食べる方のあるあるかもなのでお気を付けください。

では。

・・

・・・

ほぼどなたからもコメントのない、独り言のこのブログ的。

それでも以前コメントをいただきました。

「花衣」さんと言うお店がおすすめと言うことで、ぜひ行って食べログ口コミをお願いします・・・みたいなものでした。

そう言うリクエストにフットワークの良い方は、すぐにレスポンスするのでしょうが、なかなか夜営業のお店の居酒屋的なお店・・・単独行動の多い私にはハードルが高かったお店です。

それでも、数少ない仲間と二度目の挑戦で訪問できました。

私が口コミしたところで、何がどうとなるわけではないけども、行ったよって口コミを食べログ新潟編の最後にさせていただきました。

食べログも含め、コメントはこちらからはほとんどしませんが、いただいたコメントにはすべて返事をしております。意味不明のコメントにはスルーしますが、気にならないものは削除はしないつもりです。
だからどうぞコメントをとは言いませんが、マイナーなお店とか思い入れのあるお店に私を経験させたいなと思う方は、お店の情報いただけたら経験していきたいと思います。
でも、悪く書いたらごめんなさい。

と言うことで、この流れならば「花衣」さんの写真・・・と、行きたいところですが写真撮ってない・・・と、思ったら

Img_5242
お通しだけ撮っていました。こういう人の介した手間が良いですね。

その後仲間と急速に酔っぱらって、写真どころではなかったんですねぇ・・・

Img_5243
メニューはこんな感じ。完全に居酒屋さんですね。んっ?居酒屋って私の年代には「大手チェーン店」と言うイメージがあるから、小料理屋さんでしょうか?
でも、私の中の小料理屋さんって、カウンターとテーブル2つくらいなイメージもあるので、それよりも広かったです。確か。


Img_5244
Img_5245

こんなお酒をがぶがぶと飲んだんですねぇ・・・この後イタリア料理でワインを二本ぐらい呑んだ気も・・・飲み過ぎです。

でも、いろいろやってほとんど覚えてないけど、楽しかったという印象はあります。

酒・料理・・・そして仲間ですね。

「よおぜふ」様。何とかお約束は出来たかな?



さて、さいたま編は「ごまとオリーブ」と言うお店を投稿。ここね、個性的で面白いです。
たぶん地元テレビとかで掘り下げると、マニアックそうなご主人の個性が光る気がします。どうでしょうか?テレ玉さん?(そんな地元のグルメコーナーってあるのか?すでに取り上げられているのか?)


Img_6033

「食べログ」では伝わらなかったであろうメニュー。写真はいいですね。漏れがない。見る人の見落としはあるでしょうが・・・

Img_6034


Img_6035


Img_6036
この内容を言葉にしようとしたらとても大変だし伝わらないですね。写真とはなんてすばらしいのでしょうか・・・
応援したいお店なので、撮ったメニュー全載せです。

で、料理。

Img_6037
サイズ感が失われるのが写真の欠点ですが、右のショートパスタはフリッジです。4・5センチあるはずなので、皿の全長わかるかと思います。
あくまでもこれはサラダ。

Img_6039
で、小鉢軍が到着。ホタルイカの沖漬かな?これも、嫌な強い風味がなくておいしいのです(もちろん、ホタルイカなのでそれなりですけど・・・)。このホタルイカで「やるな・・・」って思った気もします。
左はモズクだったかな?これも立派な太さでこれだけで居酒屋で「本日のおすすめ。沖縄のモズク!」みたいになる気がします。
産地がどこだったかは不明ですが、味付けも繊細です。

で、ヘルシーかと思ったら、左上は蒸し鶏の辛いソース。いわゆる「よだれ鶏」ですね。この辛いソースが、普通に良い四川の中華屋さんでかかってそうな風味をちゃんと持っています。
ポテトサラダもおいしくて、お腹一杯になる予感だけでお腹一杯です。

Img_6040

ご飯の代わりにパクチー豆腐にしてもらいました。パクチーにちょいとかかっている白和えみたいなタレが、「ガランガル」です。生姜っぽいイメージですが、味わいはもっと酸味のあるすがすがしい風味です。おいしいです。パクチーに合わせるタレとして・・・いや、今まで出会ったことのないドレッシングでした。

Img_6041

全景。赤ワインが見えますね・・・えへへ、言わないお約束っ!

Img_6043

もうこれだけで十分酔えるところに、メインの揚げ物三兄弟が到着。
左が長男のたれカツ男です。真ん中が長女ポテ子。右が次男の鶏唐タル治です。

タレかつの味は、私が地元で経験したものとそん色ないかちょいと濃いめです。お店によっても違うでしょうし、ちょい甘なしょうゆタレを淡白なカツに合わせる・・・白飯ガツガツ行ける味だと思います。
・・・あくまでも私は好みの問題で、あまり食べませんでしたが・・・このくらいの量でワイン2杯がちょうどよい感じです。

タルタルのタル治もいいタルタルでした。


全てにおいて今できる範囲でこだわりまくりのお店だと思います。

どうでしょうか?伝わるでしょうか?これで1080円です。すごくね?


Img_6045


あっ、アイスもついてます。これもね、何がどうかはあまり食べないデザート系なのでわかりませんが、たぶん女子なら「おいしい・・・」って、ちゃんと成立するものです。そう思う・・・


タイミングもあると思いますが、貸し切りで堪能できたなら、大満足のお店です。いや、別にお客さんいてもいいのですが、私がちょいと苦手なもんで・・・




以上。

新潟の食べログ口コミの一旦終了と合わせ、新潟に縁あるたれカツを扱うお店でまとめてみました。

と、言いながら既に来月新潟に行く予定はあるんですけどね。

どこかで外食できたなら、口コミします。

では。

« 子供の親。親の子供化。「おやこや」ロングバージョン | トップページ | 新たな地にて食べ始め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559994/65307861

この記事へのトラックバック一覧です: 食べログ新潟編終了:

« 子供の親。親の子供化。「おやこや」ロングバージョン | トップページ | 新たな地にて食べ始め »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ