« 食べログ新潟編終了 | トップページ | 食べログから返却されました。「そば光」 »

2017年6月 4日 (日)

新たな地にて食べ始め

食に関することが大好きな者です。

食べることも好きですが、それにまつわることも好きだし、全然関係ないお店の名前から新たに知らない情報を見つけることも大好きです。

人間は考える葦である・・・どっかの誰かが言った言葉だと思いますが、「知らない世界を知ることは、人間の特徴である」・・・そんな風にも思っています。

何でもいいんです。彼氏の知らない癖を見つけてもいいし、人類がこの先、種を維持しつつ発展するための絶対な方法を見つけてもいいんだと思います。

物質の究極の存在を突き詰めてもいいし、明日のおかずの新しいレシピに挑戦したっていいんだと思います。


ただ、そうやって見つけた情報を、他人に強要させることは大嫌いです。

そういいながら、私は結局「個人的な意見ですが・・・」って、自分の思いを書いてしまい、お店に半強制的に改善をさせているのかもしれません。

ごめんなさいね。


おいしく食べたいとの思いから勝手なイメージを持ってしまっているのかもしれません。お店を利用する人は、食に真剣に向かう人もいれば、ただの栄養補給の場なのかもしれません。
収入によって、精一杯の予算で真剣に向かう人と、食べられて、馬鹿っ話が出来て一服できればいいのさ・・・って人が同居することもあるんだと思います。



写真撮影の音。席を立って身を乗り出して厨房まで撮る人。子供連れ。それを露骨に嫌な顔をする隣客。それを全く気にせず放置して、おしゃべりに夢中なママ。注意しない店員。しちゃうとクレーマーに変わるかもと思いつつも、気になりながらも接客するんで、手元がおろそかになっちゃうサービス。
そんな隣でタバコを吸う客。煙たがる客。手を付けない料理がある客。そのまま清算したよ・・・

それを見ている私。

嫌だと思った感情は、相手に伝わる・・・それだけはしないようにして、目の前の料理を最大限楽しむように切り替える。

それが今、精一杯の私。


不機嫌な精神での食事は味がしません。それが今まで生きてきて分かったこと。たったそれだけかもしれませんが、そう思う。

でも、そう思う私のふるまいが不遜な料理うんちくを並べていないか?気を使って食べることは嫌いだけど、積極的に楽しい場にしておいしく食べようと努力はしてるか?してたとしても、もっとしてみよう・・・

今後の生きる目標も持った気がする。そんなことが目標なの?と言われるかもしれませんが、今はそう思う。

そのための成長を、この地を拠点に出来たらいいなと思います。



人は不完全な存在だと思います。絵本「僕を探しに」のように完全ではなく、みな歪なジグソーパズルのピースの一つのような存在なんだと思います。

少なくとも、食を中心に感じること、出会う人たちが、私のピースの形とどこかが、はまればいいなと思います。そうやって繋げて繋がって、大きな一枚の絵が出来上がる。

人は一つのピースじゃなくて、それぞれのジャンルに自分のピースがいくつかあるんだと思う。異性との相性。同性との相性。仕事との相性。年上・年下との相性。服装のセンス。考え方。好きなもの。好きなこと。

ジャンルによっては、たった9ピースなのかもしれないし、好きな世界は永遠に完成しないほどの巨大なピースなのかもしれません。

努力しないでピースが集まるときもあれば、たくさん集まったけど、ピースのはめ方が分からず放棄しちゃう時期もあると思います。

偶然一発でバンバンピースが埋まることもあれば、他人に教えてもらって気づく(ここにはまるのか!って言う)ピースもあると思います。


人生の転機で、今までコツコツと完成に近づいたパズルを、手放さなければならない時もあると思います。でも、新たにとても大切なジグソーパズルに出会う機会が出来たのかもしれないですね。



さて、私は何種類のジグソーパズルを持っているのだろう。それぞれ何ピースのサイズなんだろう。出来た絵は真っ黒なのか?とてもきれいなものが描かれているのか?

そして私は誰のためのピースなんだろう・・・

生きているうちに、何枚完成できるのだろうか。
死んでも誰かがそのジグソーパズルの絵の完成を受け継いでくれるだろうか・・・




昨日、食べログのプロフィールを変えようかなと思いながら、パソコンの前に座って浮かんだ感じが以上の文でした。

うーん、食べログか?それともこちらのブログ的?やや、散文過ぎる感じもあるので、こちらで投稿しておきます。

ジグソーパズルのピースの考え方・・・これで料理のことを切ろうか?そんなことも思いつつ、とにかくとりあえずこれはこれで良しとしときます。


では。



写真でね。新たな地と言うタイトルながら、こちらの写真は前回からの後半戦です。

Img_0122
フォードラゴン」さんの生春巻きです。

私の周りの経験上なのかもしれませんが、ベトナム料理「生春巻き至上主義」がある気がします。

もうすでに「何本食べる?」が基本で最低一本からが普通のように勘定されている気がします。

あくまでも私の周り調べですけどね。


食べログの口コミでも書いた通り、とってもフレンドリーなおば様が応対していただけます。なんかエネルギーの詰まった方だなって感じです。でも、日本語に変換できずに言いたいことの半分も言えていないんだろうなって思っちゃう方でした。

とても好きなタイプのお一人です。

Img_0123
ゴーヤーとなんだろう・・・炒め物です。

ゴーヤーって初めて食べたときからとてもすんなり体に入ったものでした。

もちろん、衝撃の苦さも感じました。苦さをコントロールする調理法も調べました。多めの油で飛ばす方法とか、薄く切ったり、白いワタを徹底的に取ったり、下茹でしてから炒める方法もありますね。

今では、ちょっと多めの油くらいで、ワタも適当に取るぐらいで、苦くても全然おいしく食べております。

たまたまですが、これを投稿したのち久しぶりに買ってきたゴーヤーチャンプルーを肴に飲みまーす。

こちらのものも、記憶あいまいですが、ちょっと異国感のある味わいで私はすごく楽しめたなって記憶しています。連れは確か「苦い・・・」だったかな。エビほとんど食べてもらいました。

私たちが先週と今週のこの料理で満腹になったか?ちょっと疑問ですが、手持の写真は以上となります。

また、次回は新しいお店のシリーズが始まります。なんだろう・・・自分でもわかりません。


でーはー。(⌒ー⌒)ノ~~~

・・

・・・

ではBな面。

パソコンで見ると、ここは続きをクリックしないと開きませんが、スマホで見ていると自動的に開いている部分となります。
私の手持ちのものではそうなのですが?違うのかな・・・


とにかく、興味のない方はすでにここまで見ていないと思いますが、さらにどうでもよいことをこちらに書いております。

とは言え、こっちの方に写真をたくさん乗せるので、目が行く方ではありますね。


えー。

本日投稿したお店の写真ですね。

の前に・・・平日の普段食のお店の写真や地元新潟の普段食の写真もありますが、載せるチャンスはあまりなんだと改めて気が付きました・・・
だったら、食べログに載せろってことなんですけど、頑固な私はまだそのつもりにはちっともなっておりません。

毎日ブログの更新をするのがつらくて、辞め時が分かんない・・・なんてのをネットで見かけましたが、本当に辛かったら辞めちゃえばいいのに・・・と言う私も、食べログの毎日投稿は確実に数年続けていますね・・・やめられない・・・と、言うか毎日食べるからネタには困らないですね・・・えへへ。

こっちのブログ的なほうのネタの在庫を心配します。最近あんまり書き足していないし、ちゃんと完成させたネタも記憶にはあまりないよな・・・

ネタが無くなったら週一回のこちら。お休みします。そう宣言しときます。


さて、写真。

最初は栃木県の宇都宮市のお店から。

Img_6209
魚元」さんと言うお店の、タイの粕漬定食だったかな?分店との事ですが、本店はいずこ?

タイと言ってもいろいろありますよね。赤魚のなんちゃらってので同じ風味のものを実家にいる頃は毎日のように食べていました。アコウダイかな?

飽きなくておいしかったな。

Img_6210

魚アップ。ちょっとね、粕やひれの部分が焦げております。炭状態。そういう部分はさすがによけていただきましたが、ほぼ満卓だった状況を考えれば仕方がないと思います。

が、出てきたものは事実。これでふざけんなとかではないけど、そう言うものだったということです。

でも、懐かしい味という感覚になったなぁ・・・良かったです。


次は「TICO」さんです。

Img_6195
キーマカレーだったかな?

半々ですね。ルーの下にライスはありません。
あまり食べないキーマカレー(ひき肉とは言え肉量多くて・・・)ですが、たまにはいいもんですね。

とても狭いお店で、扉ガラスなのですが中が良く見えなくて、入ったらお客さんで席がない・・・なんてこともあるかもです。

精神の障害の方だったかな?身体の障害の方に比べて、ちょっとあきらめることが早いなんてのも聞いた気がします。

頑張りすぎずに頑張れ!頑張るなと言っちゃだめだと聞いた気もしますが、なんて言うのだろうか・・・すごく意識の下の部分で構いませんが、前向きになる意思と言うのは持った方がいいと思います。その仕事とかやっていることを続けるために頑張るのではなくて、自分の・・・ありきたりな言い方ですが・・・一歩前に進むために、どうする?それをやめた方が一歩進めるの?それを考えると苦しい?やめたくはないけど、辞めたいと思う理由はあるの?と、自問してみるのはいいような気がします。可能な限り考えて、出来る範囲で前の方を見る・・・
何にも知らない私はそんなことを言ってしまいます。つらい言葉があったなら、どうぞコメントをお願いします。コメントを送るってことも一歩前進だと思います。

Img_6197

スープもありました。スパイスはキーマにどうぞと添えられました。

Img_6198
コスタリカのコーヒー豆からの一杯。あまりコーヒー嗜みませんが、今までの経験とは違う風味があったことは確か。深煎りでお願いしました。

Img_6201
人と、豆のことの思いが書いてあります。
私は口だけですが、本当に頭の下がる活動だと思います。

色々書いても、なんか他人事の人生だったので、ちょっとコメントは控えます。
もし何かを感じたのならばせめてお店に行ってみることも、協力の一つかな・・・





で、贅沢をしたお店「フレンチモンスター」さんのチラリ。
Img_5482

こんなメニューでした。

オーナーの方の故郷が徳島のようで、お店のあちこち、料理の食材に徳島が使われています。

Img_5485

で、食べたもののメモを取らないので、この写真で何だったかって思い出せない・・・

Img_5492

こんな前菜よくわかりません・・・おや?ホタテと紅芯大根かな?これ美味しかった記憶がよみがえりました!確か酸味が印象的なもうホタテがストレートにおいしかったような・・・
違っていたならごめんなさい。
Img_5496
とか、続きはこうご期待!


いつになるのやら・・・ごめんなさいね。

この中にはスープが入っています。

また、下の敷物ですが、ジーンズの生地だったかな?これも徳島の方の思い入れのある繋がったものだったとお話聞いた気がします。



ちょっとだけ・・・個人的な感想ですが、結構塩味攻めているお店です。「しょっぱいのか・・・?」って感覚になるのですが、「いや、うまいのだ・・・」と、なるそんな閾値を彷徨うお料理たちでした。

今回のこの投稿のタイミングの前に「ゴーシェ」さんと言うフランス料理屋さんに行きましたが、結構対照的なアプローチでした。塩の印象を極力抑えたような料理で、そちらの料理も大変おいしかった・・・

なんかこのタイミングってのがなんか縁は無いけど、私の中では面白い偶然だなと思いました。

攻める塩味、抑える塩味。どちらの料理もフレンチだけど、どっち食べても超うまい。

では。

« 食べログ新潟編終了 | トップページ | 食べログから返却されました。「そば光」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559994/65231080

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな地にて食べ始め:

« 食べログ新潟編終了 | トップページ | 食べログから返却されました。「そば光」 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ