« 口コミ新潟2000軒達成の時のプロフィール | トップページ | 三宅さんのネットに噛みつく »

2017年7月24日 (月)

平和ボケ

平和ボケ・・・何を見てこうなったのかよくわかりませんが、戦争のことを酔っているときに一気に打ち込んだみたいです。今年の4月23日に書いたもののようで、たぶんその時に何かあったんだと思います。

では。

戦争は絶対嫌だしだめだと思っていますが、勝手に相手がそうやって布告されてきたらどうなのか?いや、布告と同時に先制攻撃がセオリーだと思う。

そうされたならやり返しはしないのか?

例えば北朝鮮がミサイルをせっせと作っているようです。
やれあっちの軍は飢餓で軍隊はまともな力を発しないとか言っていますが、ミサイルが例え花火のようなものだとしても、先っちょに数キロの塊がつけられるならば、それを撃ち込まれれば誰かが死ぬ可能性はあると思う。

それが、あなた自身ならば、戦争反対賛成どうのこうのはどうでもいいと思いますが、あなたを愛する人、慈しむ親、行く末を見守りたかった子供がいたならばどうでしょうか?

逆にそのどなたかが、その砲撃の犠牲になるとしたらどうでしょうか?

悲しみを憎しみに変えてはいけないのかもしれませんが、ハイ連れ死んだ、仕方がないよね・・・では済まされないと思います。

ぶっ殺してやる、仕返ししてやる。相手の顔が見えないミサイル攻撃ならば、叶うのならば傭兵になってでも仕返しをしたくなるのかもしれません。

こちらは何もしないのだよ。大人なんだよ・・・って、じっくりとゆるぎない覚悟で対峙する気概が国民の大半を占めない限り、武力化は仕方がないような気がします。

ただ、もし本当に殺戮合いになったとしたら、とても悲しむ人たちが今よりもはるかに多く増えてしまう。それは確か。

ではと言って、貧しくやれることなくすがった信念先が「戦え」と言うのならば・・・戦うための過程に身をゆだねれば、家族を養っていけるとすれば・・・思い込むことによって・・・いや、自然とそういう考えに変わっていったとすれば、平気で公衆の中で人を殺せるような人が生まれるのではないかと思います。

映画の中でしかないわけではなく、映画のように綺麗なシナリオで進むわけではなく、どろどろの葛藤もあれば、潔癖症な工作もあるんだと思います。

一発ぐらいなら、馬鹿な相手と殴られてもやり返しはしない・・・と、思います。でも、酒に酔ったように、蠕動された思想の渦の中では倍返しでやり返すような気もします。しないという自信はありません。

使えるお金があるとするならば、戦争になって使うお金分を覚悟できるのならば、あとからそういう説明を受けて「ならば仕方がない」と、言える国民ならば、裏側からその国をうまくいくように工作員でもいいし、交流を再開して条件を突き付けてもいいし、漫画のような世界のように「ハードネゴシエーター」のような集団手段を使って、ある程度の所まではコントロールをして、うまくいったらちゃんときちんと身を引く・・・

そういう部隊を作ってしまって、暴走しちゃうのが映画でしょうが、そこは何とかうまくいくシステムを作れないでしょうか?

などと、寝る前の酔っぱらいの夢物語。



さて、写真。

Img_0135

だらっとワイン・・・うそ、「Dalat Wine(ダラットワイン)」。
ベトナムのワインだそうです。フランス植民地時代に作られた高原地帯「ダラット」の赤ワインです。

Img_0137
生春巻きです。
「ゴイ・クォン」と言うらしいのですが、ピンとくる方もいると思います。それはベトナム北部で言うらしいです。
ベトナム南部では「ネム・クォン」と言うらしく、「Nem」は肉のミンチのようです。「クォン」ロール。「ゴイ」は和えるという意味らしい。

春巻きは「スプリングロール」という英名があると思います。春巻きの後に作られたという意味で生春巻きは「サマーロール」と呼ばれているそうな・・・

Img_0139

揚げ豆腐のレモングラス炒め。レモングラスのスパイス感が異国的です。


では。

・・

・・・

戦争反対と自国の武装化・・・自国を守る軍隊を持つことは、とても難しい問題だと思います。軍需産業がもうかり過ぎている気がするのが違和感があるのであって、戦争は反対。でも、自国を守る力を全く持たないことも問題な気がします。目の前で親しい知り合いが、殴られているときに、警察に電話してくるまで何もせず待っているか?喧嘩はダメだと親から言われているからって、死に掛けている仲間を助けないのか?

どこまで考えて戦争反対と言っているのか?

どこまで考えて自国の軍隊の強化に反対なのか?いや、自衛隊であって、軍ではないとかアホなことは言わず、侵略戦争に対抗できる力をつけることには反対できない自分がいます。


さて、先週投稿したお店の写真です。


さて、先週は16日から23日までですね。えーと・・・


やまと鮨」さん

Img_6315

こんなお店です。もう、町のお寿司屋さんですね。

Img_6319

海鮮丼です。

Img_6316

他に、サラダとみそ汁と日本酒が付きます。

ウソですね。日本酒は別注文。サラダとに味噌汁は付きます。サラダのドレッシングがおいしかった・・・写真載せてみますか?

Img_6317

シンプルなサラダですが、ドレッシングが良いという記憶があります。



カロリーナ」さん

Img_6770
個人差ありますが、私は外食の飲食店でこのエビが出て来ると、ちょっとなぁって思ってしまいます。
美味しくないと思うのです。
また、料理の方のやる気に疑問を感じました。頑張ってください。


次は「菜香」さん

Img_6244
メニューの一枚。口コミ内では「三鮮(サンチェン)」は肉・魚介・野菜の三種を使った料理につけるのが基本なんだそうな。鮮と言う字に「魚介」のみを連想するのは日本人だからかもですね。「鮮度(せんど)と言えば?」って質問を海外の方に訊くとその国の新鮮に対するイメージが変わるのかもです。

Img_6247
Img_6248
麺サルベージ。中華ですねぇ・・・



お次は「利久」さん。


Img_6878
食べログ本文中では「揚げた牛蒡の少なさ」を挙げていましたが、そもそも「牛蒡SOBA」という商品名なので、揚げ牛蒡蕎麦とは書いていないのだから正解なんですね。

でも、店頭の説明文が、

Img_6875

これだもんなぁ・・・言い方あれですが、だますことを商売にする職業・・・?

「利久」さんは牛タン屋さんの有名なチェーン展開のようです・・・私は「ねぎし」が牛タン初デビューだったと思うので、今度食べ比べてみたいと思います。巷では「利久」さんのようですね。



香新」さん。

Img_6189
ここのお店とは波長が合ったなって思い出すお店。
Img_6190

なので、麺アップも載せちゃいます。


今週はこのくらいかな・・・

今回は武力と戦争?のようなことを考えたものを投稿しました。

体を鍛え、こぶしを固くすることと、喧嘩を吹っ掛けるチンピラとは違うということ?

では。

« 口コミ新潟2000軒達成の時のプロフィール | トップページ | 三宅さんのネットに噛みつく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559994/65189116

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケ:

« 口コミ新潟2000軒達成の時のプロフィール | トップページ | 三宅さんのネットに噛みつく »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ