« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

味の地域差

㈱日本能率協会総合研究所さんと言う会社で、タイトルのような調査を行っているんだそうな。


記事を転用すると本当はダメなのかもしれませんが、迷惑をかけないつもりなので使わせていただけたらと思います。
(だめだったら、どうしたらいいかメールいただけたらデス)

2015年に調査した結果をネットで見つけました。2016年は行っていないみたいです。

色々商品開発のお手伝いをされる会社のようです。お悩みの方はお気軽にどうぞ。


さて、これで良いでしょうか?内容使わせていただきます。

気になるのは母数でしょうか?そう言うのは多分責任をもって抽出していると思うので、ちゃんとしているんだと思います。


では、内容見させていただきます。
・甘い味好きは年々増加で嫌いな人は減少傾向なんだそうです。
6割以上の方が「好き」で「嫌いは「6%」だとか。

なるほどね。私の場合は「好きでもあり嫌いでもある」ですね。大衆向けに作るものはやや甘めがいいと思っていますが、個人的には甘いのはあまり得意ではありません。料理にもほとんど使わないので、1キロの砂糖買っても一生余っています。(言い過ぎか?でも10年は持ちます)

他に「うまみのある味」「和風だしのきいた味」「コクのある味」などが上位だそうな。

一方「苦い味」はほぼ「甘い味」と真逆で、6割弱が嫌い。6%が好きらしいです。なお「激辛味」も嫌いな方が多いらしいです。

焦げ目の付いた香ばしい苦み。わさびでも唐辛子でも何系でも辛いものは好きな私・・・

私は人の真逆を行っているのか?そんな私の食べたものの感じた感想なんて参考になりませんね・・・



ラーメンの好きな味や好みの麺を調査した結果は、西日本は「温かい関西風のかけ汁うどん」が人気があるそうです。
私も関東風のかけ汁よりも関西風の汁のうどんが好きです。


北海道や東北では「味噌味のラーメン」の人気が高く、北関東・首都圏は「醤油味のラーメン」が高いんだそう。私はどちらも好きですが、最近味噌味をあまり食べない気がします。ニンニク風味のイメージがあるから?一個人の味覚の変動ってのももちろんありますね。

北陸・新潟(なぜ?新潟だけ名指し?)は「冷たい蕎麦」「冷たいうどん」「冷たいそうめん」がベストスリーだそう。冷たいものがお好きなようですね。

中部では「味噌煮込みうどん」が第二位。他の地域ではもちろんランク外です。私、最近美味しいって出会いました。また、食べたくなってきたかも。


関西地域は「温かいうどん」「温かいそば」ですが、スープは関西風かけ汁なんだそうな。

四国は「うどん(温かい)」「うどん(ぶっかけ)」「うどん(冷たい)」で、納得のランク。

私にとってイメージしにくい中国地方は「温かいうどん関西風かけ汁」が一位。でその次に「豚骨スープのラーメン」が入るんですねぇ。岡山らーめん・広島らーめんなんてそう言えば豚骨のイメージがあるかも?

で、九州は「豚骨スープのラーメン」が堂々一位。「うどん」「そば」と続くんだそうです。味わいも好みの麺類も地域差が出るんですね・・・

確かにラーメン大好きな私ですが、豚骨ラーメンはほとんど手が出ません。お店が少ないってのもあるので「食べなれない」=「食べない・選ばない」スパイラルなんだと思います。

「うどん」も大好きです。東京でも四国的なうどんのお店には人が集まっていますが、やっぱり普段何気に食べることの機会が多いものが好きになるんだと思います。




次は「好きなメニュー」として41項目の中から選ぶ内容では、北海道・東北で「納豆」が人気があるようです。北海道は焼き鳥が一位。魚介系は食傷気味なのかもしれませんね。首都圏エリアでは「ステーキ」や「ハンバーグ」が顕著なようです。肉繋がりですと「焼肉・鉄板焼き」が一位な中国地方もありますが、その他のエリアではランク外になっているみたいです。

北陸・新潟は焼き魚が一位。「和風漬物」「野菜の煮物」も好きだそうな。
中国と九州で「ポテトサラダ」が上位に入るのは理由はよくわかりません。
四国の「寄せ鍋」「おでん」が上位で、一位が「玉子焼き」これも私には理由が分からず。



なんて調査結果だそうです。面白いけど、理由まで掘り下げてほしい気がします。

以上。特にネタがないので、偶然見つけた調査結果の資料を見ての感想をちょい混ぜしてみました。



さて、写真。

オーセンティック」さんシリーズ完結編ですね。

Img_0157
なんか汚い感じで申し訳ありません。取り分けたものですね。綺麗に盛られた料理も、ほとんどの時間は崩して食べている時間の方が長いはずなので、こういう見た目の方が実際に食べているイメージ?

いいわけですね。

Img_0158


レバーペーストかな?ベトナムではポピュラーな「バインミー」と言う、ベトナム風サンドイッチがあるらしいのですが、そんなイメージの物なんだと思います。

記憶はほとんどないのですが、「レバーペースト」がおいしかった記憶がうっすらあります。
やっぱりフランス統治の影響があるのかもですね。


Img_0159

で、取り分けたなんか。

食べたか記憶がさっぱりありません。

以上。

お店の外のテーブルで、通路歩く人に見られつつパクつく。現地の感じがあるそうですが、これが現地の感覚なのね・・・

むかーし。イタリアのお茶したときに、店外のテーブルがものすごくたくさんあるお店でビール飲んだ記憶がよみがえりました。それ以外で外で飲み食いすることってほとんどないなって思います。お祭りの時ぐらいですね。お祭りもほとんど行かないですけど。


さて、そんなベトナム料理のいただけるお店でありました。

ゆっくり移転の計画もあるようです。東京は浅草でいただけるのはチャンス少なくなってきているかもです。ご利用はお早めに。ご予約がおすすめのちっこいお店です。

では。

続きを読む "味の地域差" »

2017年8月20日 (日)

NHKのミラクル?レッスン?のレストランを観た。まだ前編なんですけどね。

ムガリッツのシェフが来たんだぁ・・・と、何となくすっごいことだなと感じる。

冒頭のシェフの言葉に、
「その料理は知っているか知らないかだけで、うまいかまずいかなんてない」・・・こんな趣旨の言葉があったのですが、私の身にグサッと刺さりました。


私が思っている好き嫌いの仕組みに、「脳で判断」と言うのがあると思っています。

知らない料理に出会った場合。一番最初はとても敏感にセンサーが働くのかもしれません。
また、不安になると思います。味のセンサー、匂いのセンサーに心理的な背景を交えて、脳で「これはいいかも?」とか「この風味はアウトだな」って判断を下すんだと思います。
味・匂いのセンサーで好きなニュアンスのものを探すのか?嫌いなもののニュアンスを探すのかで、既にその料理に対して結論が決まっているのかもしれません。


小さい頃に苦みのあるものや生臭いものと判断してしまったものは、なかなか克服することが出来ないのかもしれません。

知っている料理・・・そういう料理でも作り手によって味付けの種類や配合が変わり、加熱の最大加熱温度やその料理に対する総温度量が変わると思います。
それによって変わる味を楽しめる人間は、食に積極的で楽しんでいる人間なんだと思います。

あぁ、あれね・・・あれはさぁ、ちょっと俺的には苦手なんだよねぇ・・・言い方は人によると思いますが、知っている料理であっても、あまり積極的に食べないものにこのようなニュアンスの言い方をしないでしょうか?
私自身はしていると思います。

持論ですが、(苦手な)食材であればなるべく高いもの、(苦手な)料理であれば信頼のできるお店もしくはやはり提供価格が高めのお店とかで、その食材・料理を食べてみてそれでもあまり感動できないものであった場合は、食べる優先順位を下げてしまいます。大概は感心する味わいに出会えると思っています。


豚肉・・・自分では唯一の料理「けんちん汁」以外ではほとんど手に取ることのない食材です。あっ、もう一つあった。「キムチ肉炒め、ゆるめの玉子とじ」でも豚肉を使います。たぶんこの二つ以外豚肉を買うことはないと思います。今のところですけど。

でも、嫌いな食材ではないです。外食ではたまにとんかつを食べてますし、野菜炒めとか広東麺とかにも普通に入っていると思います。わざわざよけて食べるようなことはしません。


知らない料理・・・そういう料理に出会うと、積極的に食べたいと思う性格です。

嫌いな食材・料理がある人の心理や反応がどうしても理解できないと思っていましたが、テレビでもやっていたのですが「昆虫食」だけは無理かもって思っています。

その国の料理を食べないということは、その国を知ろうとしてないし、文化を拒絶することである。とにかく食べて学んで・・・そんな感じでシェフは言うけど・・・タランチュラかぁ・・・


丸焼きにして毛をササっと取って腹の部分を食べる・・・うーむ・・・

私のこの感覚が、苦手食材を持っている方と同じなのか?

魚・・・生臭い。これは、どんなに鮮度の良い魚らしい香味を感じても、その先に時間の立った不快な匂いに結び付けているのではないでしょうか?
鱗を見るだけでぞっとする・・・もう生理現象として身に着けてしまったのであれば、諦めてもいいのかも知れませんね。

肉・・・血の香り。もしくは、魚と同じですが、肉らしい香りが、生のイメージを持っているのかも?
魚も肉も生でも美味しいのはおいしいんですけどねぇ・・・

たぶんその独特の匂いを臭いとして、脳内で処理しているんだと思います。

それを踏まえると、昆虫食。昆虫の独特の香りと言うのがあるのでは?って思っていて、それがもう食べる前から脳内で「嫌い・苦手」って処理されているんだと思います。

そういう処理されているから、小さいもの・・・得体のしれない何か。関節とかに何か菌とかウィルスとかありそう。ギチギチ動くのも、たくさん集まって袋の中でうごめくのを想像しただけで「ゾゾゾー」ってなっている気がします。

これか?

勝手な味の想像。それの特徴を嫌いと処理している脳。嫌いと言うことから、すべての存在を嫌なイメージでとらえる。
食べるという感覚がなければ、濡れていないイメージの昆虫ならば、なんか問題なく触れる気がしますが、大人になってから昆虫を触っていないので、どういう反応をするか微妙です。


とにかく。

昆虫食のイメージを書きましたが、これって小エビだったらどうでしょうか?活けの車エビを考えたら、たくさんのエビがうごめいている・・・脚とか触覚とか・・・って同じだと思うのですが、あの脚の所だけをカラッと揚げて塩で食べるとビールがすすむよなぁ・・・と思う私がいますし、頭の味噌もいい・・・あそこを毟り取って、チュウチュウしてもいいかも・・・とも思います。

鮮度が多少悪くても食べてみるし、そう感じても「今日のは鮮度が今一つだったな。今度別のお店で食べられたらいいな」と、そこで一気に苦手にはならないと思います。

では、頭を落とした冷凍物の黒っぽいエビならば皆さんよいでしょうか?(エビ嫌い除く)

これを、頭・足の落とした「カブトムシ・クモの腹の部分」が並べてパックに入って冷凍されていたらどうでしょうか?
無理と思う私がいます。

魚もサンマとかだと、大根おろしたっぷり添えた、内臓抜かない一本丸の焼き・・・に魅力を感じてしまいます。

ほかの魚ならば内臓入りは嫌です。

焼肉で、ホルモンをおいしく食べる人も多いと思います。私もおいしいホルモンは好きですが、一歩間違えると、臭いものもある気がしますが、その程度や感じ方によって、嫌って判断するまで食べると思いますし、違う店でまたホルモンを頼むと思います。

でも、下処理の段階から手伝ったとしたら(これはどの食肉にも言えるかと思いますが・・・)、たぶん手が出ない人は半分を超えるのではないでしょうか?


私は昔、本当の死体をなんか処理して展示するやつ・・・を見た後も別に焼き肉とか食べれるなって思ったので、ひょっとしたら鳥の解体・豚の解体に立ち会っても食べれるのかもしれません。

でも、昆虫の解体は出来ない・・・生きた海老とか蟹の脚も切れないかもですが・・・

結局中途半端な食の冒険者って所止まりだなって思っています。


とにかく、奇跡のレッスン。レストラン編の前編で見た感想からここまで。

その後、後編を見ましたが特に書き足すほどのことは無かったかな?

やんちゃな彼・・・挫折しそうなハートの持ち主だったけど、たぶん何をやっても同じだと思うので、料理人生にしがみついて身につけて行っていただけたらなって思っちゃいました。



さて、いただいた料理の写真。

Img_0155
なんでしょう?全く覚えていません。

ですが、美味しかったという記憶はあります。

パクチーが見えますね。

Img_0156


生春巻きですね。これも同様。よく覚えていません。

私、別に生春巻きそんなに好きじゃないんですけど、連れは大好きで「これを頼まないでどうする?」と言う感じです。甘いソースが定番なのがあまり進んで食べない理由かな・・・


小出しで申し訳ありませんが、来週で完結予定です。では。

続きを読む "" »

2017年8月12日 (土)

営業時間を守らない件

なんだっけ?

なんかのお店を目指して行って、営業していなかったことに「プチっ」となってメモしたものを発見。

・・・思い出した!店名は思い出せないけど、場所とシチュエーションは思い出した!

7.5mhzみたいな周波数のラーメン屋さん・・・

東京のサラリーマン御用達のような駅から行ったお店。

7.5HZ」さんでした。新橋駅から歩きました。

あくまでも私の意見です。でも、ちゃんと営業しないお店は嫌い。これは変えられない。

HPには9:00営業の案内。ネット上では10:45から営業でしたっけ?9時ちょい過ぎを目指して訪れた私。お店の入口の案内で10:45分とあったと思います。


Img_6903

うそでした。写真を見ると10:50と書いてありますね。

HPがあるのはいいことですが、メンテナンスしていないってことが本店のネットに対する力の入れ具合が適当と言うことで、そう言うことが嫌いな私はイラっとする要素です。

また、新橋店として、ネット上で見つかる営業時間が10:45からで、平日ならば22:45閉店と言うのが見つかるかと思います。

でも、写真だと23:30まで営業なんですね。LOが22:45と言うことなんですね。

ならば終業時間はわかる。でも、開始時間が10:45はわかんない。

ネット情報のまま行っても5分待てってことでしょうか?

並ばせる作戦なんでしょうか?

姑息だと思ってしまう私。


で、実際に行ってみると10:50でも、その時間でも営業されていませんでした。

それが一番嫌いです。遅れる癖があるのなら「あと10分待ってください」とかそう言うパウチを用意しておいて、店の前に掲示して欲しいです。

そんな営業時間開始に合わせピンポイントにジャストに仕上げるスープや麺なんでしょうか?それとも仕入れの業者の配達が遅いのでしょうか?

営業開始の時間が読めない理由が良くわからない。

たまたま一回行ってその日が初めて営業時間を守れなかった・・・そう言うことかもしれませんが、器量の狭い私のようなお客が、そのような状態をこのように書き込んでしまうことってあると思います。

このお店の話をするときに、たぶん上記のようなエピソードを話すと思います。

受けた人間も「ふーん」って忘れると思いますが、もっと悪く記憶違いをして「いつまで経っても営業しないお店」「毎日平気で時間を守らないお店」みたいな記憶をしてそれをまた違う人に言うかもしれません。


実際にお店に行ってみたら、とても人のあたりの良い方なのかもしれません。
実際にお店に行って食べてみたら、とても波長合うお店なのかもしれません。

ですが、ワンチャンスを逃し、更にはネガティブに紹介される・・・たった10分程度オープンを守らなかっただけなのかもしれませんが、私は飲食店が好きなだけに、客として嫌なこともしっかり書いていきたいと思います。


営業時間を守れないお店。経営的には多分すべてがルーズな判断をしてしまい、結局お店の存続が出来ない・・・そういうケースがあると、マネジメント的な方面から考察されているのを今回書くためにネットで調べたときに見つけた・・・これも付け足しておきます。



そうそう。

同様に、お客も時間を守らないとだめだと思います。

ネタで作って投稿したケースなのかもしれませんが、想定通り私が噛みついたのかもしれません。

内容は、
「そのお店の常連の友人から教えてもらったお店に、友人を連れて夜九時に訪問。すでに準備中のところ、お願いして入れてもらえることになる。
で、11時過ぎた頃に「そろそろ閉店したい」と、言われた。
こっちはお客様なのに、失礼でしょうか?」
みたいな投稿です。

案の定他の方から、ちょんけちょんにされていましたが、平気だと思う感覚もわからなくもないって・・・そう思う方って居るのでしょうか?

つい酔っぱらって、時間が経つのを忘れてお店の方から「そろそろ閉店で・・・」って、ことは過去に何度か経験しています。「あっ、すみません・・・では会計」ってなると思うのは仕方がないと思っていますが、「こっちは客だぞ!もうちょっといいじゃん」って思う方はいるのか?居たとしたら、その心理が良くわかりません。

そのお客が常連で、楽しい方でこっちも看板下ろして付き合っちゃうよ~なんて、マスターも飲みに参加する・・・そういう流れはありかも知れませんが、そうすると癖になって当たり前と思うお客さんも言えるのかもしれません。


先ほど例に出したお客。閉店時間から2時間もいるって感覚がありえない。夜の居酒屋と食事が中心の定食屋さんの違いが判らないのなら外食なんてしなければいいのに・・・

そんなの知らない。と、ネガティブな感情を持つ方が居たとしたら、その感覚に私はネガティブになります。

時間を守る。お店でもお客でも、仕事でもプライベートでも、私は守れない人とは付き合えないなって思います。




と、ここまで書いてきて「沖縄タイム」があることに気が付きました・・・地元も田舎の方では「この辺は○○(地名)時間があるからなぁ・・・」なんて、打ち合わせの時間に来ない人を待っているときにそう言われたこともあります。

地理的要因。公共交通機関の理由。南国的気候。みんながそうするからさー的な風土・風習。

守らない人とそれを気にしない人・・・その二つがあって成立することだと思います。

やはり「そろそろ閉店なんで・・・」って言われたら、チンピラでもない限り時間を守っていくのが当たり前だと思います。勝手なイメージですが、極道の方のほうが短時間で注文をして、先に自分は会計を済ませて帰る、お釣りはいらないよ・・・なんてきっちり堅気の人に迷惑をかけない・・・なんて思いもあります。

毎度余計なことばかりでありますが、とあるお店での経験から、時間を守るということを考えてみました。

そんな私は、時間が守れないんですけどね・・・


さて、写真。


定期的に掲載している食べたお店の写真ですが、今回からはこちら。

Img_0153

どーん。ワインです。どっかで見たことがあるでしょうか?



そうです!?「ベトナムちゃん」の回に載せたワインの白バージョンです。「ダラットワイン」ですねぇ・・・でも、これではお店が分かりませんね。ベトナム料理らしいというのはわかりますね?

Img_0154

裏。ベトナム産ですね。

お店の名前言いましょうね。

「オーセンティック」さんです。

狭いお店で、お店の中には入れず、店の前のテーブルでいただいた・・・懐かしいです。


Img_0160
Img_0161
Img_0162

ホームページを見るとわかるのですが、すごく「てーげー」な感じがします。


色々体調の事とかあって大変みたいですが、そうせざる得ない方・お店なんだと思います。

こういうお店は問題ないです。ちゃんと営業しているかどうか怪しいってお店の方も言っているし、12時「ころ」とかはっきりしていないことをちゃんと書いているからです。

こういうお店は一人の時には行く候補にしないし、行くならば予約をしていくと思います。

予約時間に行っても営業していないとしたら・・・その人となりや味の相性によってなのかもしれませんが、とりあえずマイナスからスタートと言うのは確かですね。


ホント、その時の気分で対象に対する感情は、良くも悪くも変わります。

冒頭のラーメン屋さん・・・ネガティブな感情で書いてごめんなさい。今度11時10分ぐらいに行ってみますね。それでも営業してなかったら、今度は書きません。縁がないということですね。

では。

続きを読む "営業時間を守らない件" »

2017年8月 5日 (土)

祝豊栄!

初めてです。

食べログを始めた当初は、今まで買って読んでいた雑誌のお店に憧れたり、ネット情報口コミ情報をもとにお店を目指したりしていました。

その後、今でもですが、新しいお店。食べログ未登録なお店。口コミのないお店に興味が出るようになっています。

タイトルの通り・・・これなんて読みますか?「豊栄」さんは「ほうえい」さんと読むようです。

食べログの投稿にも書いたと思いますが、これを「とよさか」と呼んだ人は新潟下越の出身ですね?

とにかく、こちらのお店の存在を知ったのはほとんど口コミのない状態だったと思います。
美味しいかどうかはわからない・・・とにかく、今日の晩飯にありつかねば・・・そんな感じで必死になって探してたどり着いたお店です。

入ってからの印象の変化は食べログに書いたと思います。「と思う」って、もう一回読み返せって話ですね・・・どれどれ・・

んー毎度な感じの口コミでありました。

でも、とても良かった印象がありますが、その通りで結構興奮してメモをたくさん残していたみたいです。

で、そんな経験をしたお店に・・・あのいかついでっかい大食いの個人輸入のお商売の人・・・その名もゴロー。ゴロー♪。イ・ノ・ガ・シッラ!さんが利用しているのをつい最近知りました。

リアルタイムでないのは、撮りためた番組がたくさんあるのと、大事に大事に観ようと、気分が乗った時にしか観ないため、今頃こちらのお店が取り上げられていることを知りました!

孤独のグルメのドラマのお店に先に訪問したのは初めてです!なんかあまり経験したことのない感情が起こります・・・地道にやってきたことが認められたような感じ?よくわかりませんが、「うれしい」とか「オー・・・」みたいな感じで番組を見ました。

そうそうこんな感じ。とか。

そう言うメニューを選んだんだね・・・みたいな今まで以上に大きなリアクションで観ちゃいました。


こちらのお店、個人的にはすごくおいしいと思うし、ボトル丸ごと冷した紹興酒での提供は他店ではまだ経験ない提供方法です。真似して欲しい・・・夏場の常温の紹興酒って、嫌いじゃないけど、ちょっと工夫が欲しいよなって思っていました。どうせ、在庫で冷しきれないものってあると思うので、「ボトルごと冷したものもございますが・・・?」「いや、常温で!」ってお客にはそっちを出せばいいじゃんと思います。

ビオのワインも扱っているとのメモから、ワインセラーに紹興酒冷すスペースないとかあるのかな・・・いや、他のお店も真似して欲しいから、そんなスペースにはビールを冷しちゃうのかなぁ・・・

綺麗な内装だったなと言う記憶もあります。新しいからですね。

知らない料理でも食べたくなるメニューでした。

創作系は苦手だけれどそこで勝負して実際食べたいくつかがおいしかったのは確か。確か、「月世界」ってお店からの独立だったと思います。一時期あそこも行きたいリストに入れていたのですが、いつの間にかリストから外していました。

姉妹店?「ナポレオンフィッシュ」さんには行ったことがあります。あそこも面白美味しかったよなぁ・・・

えー、いつか連れと行こうと思っていたけど、ちょいと人気になるのかな?どうも予約もちょっと大変みたいな口コミもありますね・・・

今度は二人がかりでもう少し気になる料理に挑戦したいと思っています。

そんな2017.7月末の一コマ。




さて、写真。

ちょうど「ベトナムちゃん」の写真が終わったタイミング。そして、今回は「豊栄」さんを取り上げた回・・・ここで、写真を載せないわけにはいかないですね。

写真写真・・・いつ行ったんだっけ?


あっ、ありました!

Img_3184
オープンして2か月ぐらいで訪問したようです。こんなメニューでした。

今もあまり変わっていないみたいですね。

Img_3185

これがこちらのお店の「夫婦肺片」。他のお店で食べるものとちょっと雰囲気が違う感じです。

参考に、私の中のストレートな奴はこんな感じ。

Img_6844

まっ、変わらないか・・・因みにこちらは「湖南菜館」さんと言うお店の一品です。


Img_3188

で、こちらがパクチーの葱オイルがけです。熱した油をジュッと掛けたもの。シンプルだけど、箸休めに良いです。

春菊の生の葉っぱの柔らかい部分だけのサラダって食べたことあるでしょうか?どこかのお店で食べてから、家で真似したことが何回かあったことを思い出します。カリッとしたベーコン+油をジュッてかけて、酸味もなんか加えるととてもおいしいと思います。生の柑橘が良いかな?ちょっと、葉っぱが固かった印象もありました。


Img_3190

で、これが水煮牛肉です。
まだまだ、食べログさんの投稿写真少ないですけど、水煮牛肉や夫婦肺片の写真はあまりないみたいですね。うまいのに・・・やっぱ、辛いイメージとか内臓のイメージとかあるのかなぁ・・・辛いし内臓を使っていることは確かなんですけどね。

Img_3192

で、取り分けてみたものをアップ。春雨が入っていたのがちょいと珍しいので写真撮ったみたいです。下にはしゃぶしゃぶ肉がいますね。

最近たまに家で「水煮牛肉」作ることがあるのですが、こちらのお店と同じようにしゃぶしゃぶの薄い肉を使うのが定番であります。

これを食べていてあれなんですけど、家では肉を使った料理はほとんどしません。スーパーのパックに手が伸びません・・・しゃぶしゃぶの肉は比較的抵抗はなく買えますが、美味しい肉は食べたいけれど、そうじゃなきゃ要らない・・・そうとでも思っているのか?

自分自身で理由が良くわかりませんが、とにかくそうなんです。


さて、今週はこれにて。

続きを読む "祝豊栄!" »

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ